Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。大館市の音響屋の共栄電機です。音響と電機で開業約40年の会社になりました。このブログは私社長の音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。

タグ:OrvillebyGibson

DCIM0355
帰ってきました~やった~なんか久しぶりで新しく買った気分ですよ。ついでにすごく綺麗になってきました。かなりハードに使ってきたけど、そういえば傷とか少ないんです。いっつも磨きかけてるし~ネック折れですからね・・・心配したけど。金もかかったけどまずは年内に良く帰ってきたよ~うれしい!どれどれ仕上がりはいかがかな・・・
DCIM0356
折れ目は色が違うんでわかりますね。ただ見事に段差とかも全くなく、要望どおりで、補強は見えても同色でお願いしたとおりでした。画像は分かりやすく撮ったんで、この写真では色あんばいがハッキリさせましたが、実際は気にしないと分からない程度です。今回はネック折れで、当店ではリペアは行いますが、こういうのは外注です。今回は保険のお金で行うのと、自分のギターなので数社(10社)ほどリペアの見積もりを頂き、ネイロデザインさんに依頼しました。いずれネイロデザインさんのサイトにもこのギターのリペアの詳細がアップされると思います。興味のある方はご覧ください。とても親切で、細かくメールもくれました。途中経過も明確でした。また予算も厳しい中でしたが、いろいろ助けていただきました。ありがとうございました。それにしても良い出来具合です。ウチノお客様のネック折れ等は何件か外注しましたが、基本的にはサンバースト塗装やネック全体を塗装し直しなどで、通常は行います。その方が多少予算は掛かりますが補強あとが分からなくできます。今回は元々のこのカラーが好きでしたし、自分しか使わないのであえてこのままで塗装をお願いしました。
DCIM0357
ケースはこのギターのために、SKB 56のハードケースを購入してお渡しておきました。すごい良いケースです。お勧め
DCIM0354
最初はチューニングしまして・・・ジャラ~ン!おやっめちゃくちゃ弦高が高い僕は出来る限り低めな奴でして、調整・・・ビビりも嫌いなので、弦高の調整はいつもシビアで時間をかけます。ウチの会社でもリペアの際はお客様の弦高はお預かりした際に聞いて、実際の弦高もメモって置いて、出来る限りそこに戻しますね。弦高は個人差が一番あって、サウンドも変わります。本当は高めにするとサスティーンも出るし鳴りも出るようなサウンドになる気がしますので、高めが好きな方は、なんていうか、うらやましいです僕はヘタッピギターなんで、低くないとだめです今度は良い感じにジャラ~んでしたなんか久しぶりで、ずっとWolfGangばっかり弾いてたら、違和感ありますでも・・治ってきて良かった~


【中古】Gibson '52 ES-295 1952年【中古楽器】
【中古】Gibson '52 ES-295 1952年【中古楽器】

これ欲しい・・・宝くじ当たったらまずはこのギター買う。絶対。

DSCF9120

ようやく、リペアの業者さんから連絡来ました。あと一週間くらいで途中経過の画像が来ました。お〜いい感じに仕上がってるね〜。今回はサンバースト的な塗装ではなく、同色に近く塗装してもらう予定です。多少は補強跡はわかるかもと言うことでしたが、特に転売しないし、個人的に同色でとしました。接着のみでも行けるようですが、より頑丈にと思い、値段も張りますが、補強です。これからも末長く使うし。早く戻って来ないかな〜。もうネックを折るようなことがないように気を付けます早くライブやりたい。しかし‥年末は電器屋さんの本業が忙しんです。音楽メンバーとか音響屋さんチームの忘年会もやれるかな‥

DSCF6533
Orville by Gibsonで挑んだライブデース実はライブ前日のゲネプロでいきなりワイヤレスで行こうと無謀な決断をして、いざ本番・・・やはりこうなるのです。そう・・・デットでまくり音が途切れる途切れる普段使用しないのに、ライブ前日にパフォーマンスで思いついて、ついつい・・ステージも大きくてついつい最初の1曲目でわかったのでそれからは、デットの範囲を気にしながら無事終了ピックアップは57クラシックですが、この前まで一度ディマジオのPAFクラシックだったんですが、ギブソンのサウンドからはちょっと離れてしまった気がして戻しました。これがグーよかったですね。

IMG_3619
折れました・・・(T_T)運送屋が倒してしまって、あけてびっくり、折れてます。まぁ今年は2月ごろもレスポールスペシャルのTVカラーのも、部屋で倒れた時に一瞬で折れました。ストラトやミュージックマンとかは何度も、やばい倒れ方をしてもビクともしなかったですが、やはりレスポール系は弱い。証明したようなものですね。って言ってる場合ではない。
IMG_3615
とにかくリペア屋さんに送りました。その前の画像です。パックリ分離してないので、かえって複雑かも・・・まぁ運送屋で全額保証はしてもらえますが、もと通りではないので、がっくし。でも一生自分以外に渡さないので、価値は自分の中では変わりませんが。大切なギターなので、速く退院してくるのが待ち遠しいです。

オービルのレスポールです。
もちろんby Gibsonです。
ゴールドトップが好きで、これはGibsonの
クラシックのゴールドのサブで購入したんだけど・・・
メインです。わかりますよね、もってる方なら。
このギターは何かモッてルナ!(おいどっかの投手かよ!)PAP_0031 のコピー001
PUは57クラシックです。
うちのギブソンクラシックも57クラシックだけど
なぜか、オービルのサウンドはサスティーンがある。
ギブソンは太さはあるが、ゴモった感があり、
オービルはその部分が非常にすっきりしている。

ネックの形状はヒストリック57に似ている。が!
実はこのオービルは3本目。3本ともネック形状は
多少の違いがあった。薄いもの、59レスポール的な
物、んでこの57と59の間のもの。これはサウンドも
ネック、最高です。個人的だけど。

by GibsonはPUだけの違いだけではなく
木の材質までGibsonと同等
さらに、ゴールドの塗料、アーチトップの角度
金属パーツにいたるまでギブソン

ちなみにGシリアル(寺田製)と無しのシリアル(フジゲン)のタイプがありますが、以前このギターの前にその両方を持っていました。別に自慢では無いのですが、そのさらに前にGシリアルのゴールドを持っていて、Gibsonを購入後売ってしまいました。その後やはりOrville by Gibの方が自分にはしっくりくるというので、また購入しました。その際はGシリアルも気にせず、無しのフジゲン製のゴールド(By Gibson)を購入しました。しかしネックの感じやサウンド、ゴールドの色合い、全体的な塗装の感じや、本家Gibsonとは、結構違う点がいろいろありました。ギターとしては十分に素晴らしいのですが、Gシリアルのソレとは個人的にはまったく別物で、たまたまその当時在庫が増え始めたヤフオクの初めころに出品されたGシリアルのby Gibsonのゴールドなんとか手に入れたという経緯です。おそらくですがGシリアルのPUは57Classicですが、フジゲン製は別のPUかな?って感じました。作り自体は現在のフジゲン同様今風にしっかりしてる分、ギブソンのレスポール的な作りは寺田ギターに通じるところがあります。ネックはフジゲン製の方が太い感じですので、太いのが好きな方には良いと思いますが、サウンドも少し違います。あとはブランドロゴもGシリアルは貝ですが、フジゲン製は印刷?だった気がします。フジゲンは好きなんブランドで、素晴らしいギターメーカーですがオービルに関しての違いの意見ですので、決してフジゲンがダメ!ではなく、オービルギターの造りの違いと、個人的な好みの意見ですので、あくまで参考程度でお願いします。フジゲンが担当したのがOrville by Gibsonギター製作の後半ですので量産の仕方も違ったのかもしれません。

ですので僕はGシリアルです。特に、大したことは無いです(^^)v

ノーマルオービル(by Gibsonじゃない奴)はそのすべてが違う。
そりゃサウンドは違うでしょ
実際、もっていたノーマルのオービルは
中古価格は3万円で弾き心地は
まっ                たく違います。

ギブソンよりも価格が高くても価値はあります
間違いなく。ただし3種類ほど生産工程の違いがあります
大きくではないにしても、サウンドは多少の変化はありました。
参考まで!

コンデンサをオレンジドロップにしてる以外は純正。

今はすごく高いですよね。当時は58000円でしたね。マジマジ。ヤフオク。うん、マジ。
59Rのほうが高かったもん。トラ目がすごく流行ってたし。
GTはガンズのスラッシュ好きかB'zの松本さんのファンくらい。
そういえば松本さんグラミーおめでとうございます。
すばらしいアルバムでした。
Larry Carlton&Tak Matsumoto LIVE 2010 “TAKE YOUR PICK”at BLUE NOTE TOKYO [DVD]Larry Carlton&Tak Matsumoto LIVE 2010 “TAKE YOUR PICK”at BLUE NOTE TOKYO [DVD]
出演:Larry Carlton
VERMILLION RECORDS


バーニー、エドワーズ、グレコ、エピフォンJAPAN、いろいろな
ゴールドトップを買って、ヤフオクして試しました。
サウンド的にはバーニーは非常に良く出来ていました。
あとは・・・僕にはなんとも・・・・。エドワースはPUが
ダンカンだし期待してたのに。
セミアコはすごくよかったよ。エドワースのE-SA115・・とかいうの?
あれはかなり使った。あとで紹介します!



共栄電機のサイトが完成しました ←ここをクリック!よろしくお願いします!
きりたんぽまつり、ハチ公ガールズの情報は、→ここをクリック!

↑このページのトップヘ