Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。秋田県大館市で音響屋と電気屋の共栄電機を経営奮闘中!このブログは音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張る毎日です。

タグ:HX-7

IMG_3109さぁさぁリハいくよ〜。

あ〜楽しいが全快!



背中が写されています。中村








IMG_3048ドラムマイクはAUDIXのDシリーズとコンデンサ、オーディオテクニカのATM25をキック。D-6よりもATM25のキックの音が好きですね。太さよりもタイトに来る低音。

指向性も回り込まない感じで扱いやすい。

D-4の音はいつもながら良い。



IMG_3050
デジの卓のリハーサルを事前に済ませていたので、大きくサウンドチェックで変更も少なく、すぐに演奏に入れる。

GLD112は完全に復活です。A&Hのアートウィズの皆さんありがとうございます。おかげさまです。 

全体的に大きな打ち合わせが無くスタート。あわせながら、リハって感じです。



IMG_3053高橋組の高橋さん、歌上手いっすね〜

かっこいい。

ドラムの音はそれぞれ胴鳴りが激しいので、チューニングでも無理で・・・ゲートをかなりガッチリかけます。ゲートいい効果。

コンプは頭揃えるくらいが、いい感じに生っぽくなる。かな。



IMG_3054弱めのドラマーさんですね。どうにか輪郭をたしていきます。1バンドごとにまるっと、設定を変えても行けるデジ。改めて感動。

「よろしくお願いします。」ってバンドさんから来ないから、こっちから「よろしくお願いします。」って言いました・・・。

照明のアレンジいいっすね。さすがスペースさん。
IMG_3095中村さんからの画。ありがとうございます。各楽器はベースは基本LINEかDI。Gtは57。毎回思いますが、ギターは難しいね。音って言うか、音量がね。プレーヤーだったから分かりますが、ある程度アンプの量を出さないと出ないレゾナンスってあって、でもそこまでだすと、PA側としてはうるさい。客席にアンプの音が飛んでいき、PAと混ざり、絶妙に耳障りで聞きにくいという現象。

自分もギターマンだったから分かるんだけど、PAマンとしても・・・痛し痒し。

バンドはいつも勉強になる。テクよりも、アンサンブルっていうか。


IMG_3101クジラさんのTシャツは僕ね~

Gアンプ後方マイク郡はゴスペル用。12本別回路で用意。いわば、ゴスペル終了後に一気に撤収できるって言う感じでしょうか?

バンドのリハ映像はいつもカッコいいです。








IMG_3110石垣鉄工の社長のSAXです。

まさにプロですね。MCは・・・まぁまぁ面白いです。

HX-7からの出音ですが、SAXに関しては非常に相性が良かった気がします。中域の感じが素晴らしい。

オケの音も、スタンダードJAZZです。個人的ですが、このコンテンツだけでLIVEできるな~って感じます。

1曲ごとのMC長谷川さんとのやり取りも含め、中々のエンターテイメントですよ。

PAバランスもここである程度煮詰める事が出来ます。SAXのRevも良い感じでした。

さぁリハーサルもおわり・・・いよいよ本番
mixiチェック

IMG_3039盛りだくさんで終わった「2018大文字フェス」

いっぱいあるので、まずは前日から・・・

出演もプロ・アマ混在で、かなりプロ色が濃くなってきたフェス。いよいよ本格的フェスに近づいている感がありますね。






IMG_3041FOHは卓周りはいつもの感じで、メインSPはHX-7と18インチサブロー。パワード。

中ホールで試したかったシステム。

HX-7はラインアレーですので小規模でも前から後ろまでいい感じ。ハイがあまり耳障りじゃない。良いです。ズバリ。





IMG_3040仕込み時間が4時間もあるのでのんびりです。今日のスタッフは3名で乗り込み。

楽器来ないと出来ないのもあるし、時間が余裕っていいね。









IMG_3043ロックバンド、ゴスペルということで、マイクのチャンネル数は半端ない。

仕込み図で組んでいきますが、袖にいつものきりたんぽFMの安保君がいるので、わりとお任せ。したっきり。すいません・・いつも。色々持ってきてもらわなければいけない場合が多いので、助かってます。






 IMG_3049少しずつ楽器や、出演者もきます。

メインが小ぶりな感じですが・・爆音いきますよ〜

昨年はロー箱2段でZX5を更に積んでスタックしました。何となくローの輪郭がぼやける気がして、今回はタイトなローを目指します。 






 IMG_3094主催の中村さんに撮られてた・・・音響チームの3人で悪巧みな画・・・

ちょうど仕込み図を見ながら打ち合わせですね





中々自分らが移ってる写真がないので貴重。ありがとうございます。


IMG_3103さらにステージからの・・・僕と通路に安保君もとられてる画・・・。












IMG_3106ついでにこれも撮られてる・・・。





さぁ、いよいよ前日リハーサル開始ですね。

楽しみ。 
mixiチェック

IMG_0046週末現場の積込み。


久々にHX-7とウーファー積みました(^^♪


ワクワク。


毎年このイベントは、機材おおし。NV350満杯





IMG_0047と・・・思ったら、後ろは案外余裕。














IMG_0048居残り機材。も、まだこれだけある。あるね~

もう1現場できるね。

2現場いけるか?だって後ろにも・・・










IMG_0049あるし。

ZX5もPEAVEYもあるし。

あ・・・パワーアンプが足らない。か・・・


他はあるけどね。







IMG_0045マルチに書きこんでます。

自分でも分からなくなるし。アナログマルチで上手、下手に引こうか、考えたけど、やめた。たいした距離も無いし。物増えるし。

32チャンネル満杯。予備が4チャンなので、空くけど。バンドはこんなもの。ドラムに何本立てるかなんだよね。

個人的にタムの音がちゃんと欲しいからタムに1本づつ立てちゃうんだよね。そういう音が好きなんだよね。たぶんTOPで全部拾えるんだけど。だからドラムで8チャン使う。しかもツインのKICK。

さらにゴスペル有りで、ゴスペル用にプラス8本の58
で、AR84にふって、ゴスペル終わりで、AR84ごと撤収!という考え。

あ~たのし。でも積込んで背筋痛い。いつもですが、腰じゃなくて良かった。鎮痛用の塗り薬買って塗りました。効くね~これ。

さぁ明日は仕込み、リハ。楽しく行きましょう!
mixiチェック

IMG_099110月です。


9月・・・ダックスムーンLIVEは、無かったんですね。


きりたんぽ祭りです。

満を持してラインアレーです。HX-7を導入しました。


初野外なので楽しみでした。



IMG_1031ダックスムーンは3日間出演でしたが、2日目は外。

最高の天気で、暑い位でした。

この日の朝、卓のGLD112が故障で恐ろしい数時間を経験しましたが、仲間と家族の総動員で1時間で入替作業が完了した奇跡の2日目でした。で、その日がまたダックスムーンという。まさに運命。

でも・・・100%ではないのさ。だってパラメータはGLD112に全部あったしね。まぁ85%の機械能力に、200%のマンパワーと言う感じでしょうね。

感謝しかないね。いや~思い出すわ・・・怖!

IMG_1034すごいっしょ!

この盛り上がり。いや~35周年イヤーですね。












IMG_0996これは1日目。元気そのものだったし。2日目の朝も普通にBGM流して。ドーム内の打合せで戻ると・・・

まぁ機械なんてこんなものって言う警告ですね。

バックアップの卓もあったから助かった。一番はそれを自宅から怪我しながら即持ってきてくれたママと会場で移設を一気に手伝ってくれた実行委員と中村、大文字ライブ(実)チームの皆さん。多くの偶然があったんです。

何回も言いますが、入替してGLD80が立ち上がって、音が出た時、場内拍手が沸き起こったからね。



IMG_1095最終日です。

最後はダックスムーンのきりたんぽ物語。ステージに、三浦さんから
「ステージ隊長のけんちゃん!」って呼ばれた時は・・・

恥ずかしかったですが、嬉しかったです。

いつかはキリタンポ祭りの音も出したいですね。






IMG_1100高砂さんかっこいい!

最後はステージ上に上がった実行委員などで、Ju-keiも高砂さんも、うじゃうじゃの人の中に埋もれてました。

いつも感謝です。


そういえば・・こないだ、文化会館2デイズやったよね。






IMG_112310月14日は看護福祉大学の学祭LIVEでした。

これもまた今まで無い感じ。

楽しすぎる。新しい場所は大変だが好きです。

経験値もあがるし、色々学ぶのが好きです。

HX-7も功を奏すのでは。






IMG_1118高砂さんドラム。

ケーブルゴチャゴチャ。なんか・・・すいません。

巻きはあっちですよね。

ココでのドラムサウンドはね、良かったの。すごい。


Ju-keiのベースともに低域がいい会場。





IMG_1134凄い絵ですね。

カッコいいステージです。

楽しかった。

食堂では色々ご馳走になりました。



















IMG_119719日は尾去沢中学校。こうやって振返ると、あっちこっち行ってますね。まさに2017Japanツアー。そのうち海外もありか・・・。ね~か・・・。

ここは何年かに1回の割合で開催です。そういえば3年くらい前にもきました。あの時は大雪でした。

大きな体育館で、たまたまお世話になってる、きりたんぽFMの安保さんも来てくれたので、HX-7のラインアレーを試しました。





IMG_1204刻の翼という、歌をダックスムーンが作り、学校に送ったのですが、NEWアルバムにも入ってます。

地域の方なども来て大入り。











IMG_1206ドラムセットのダックスムーンの今年最後のステージですね。多分中学生の方にはベースのJu-keiと相まって、ちょー凄いステージを目にしたと思います。

私も出来る限り最強の音を提供したつもりです。

この後は1カ月以上ダックスムーンLIVEは無い。

11月は無。で・・12月






IMG_143812月です。2日です。今年は11月から雪が降り、結構積もった。

ダックスムーンLIVEは久々でワクワクでした。











IMG_1454ここのインプレは先日記事になってますので、それをご覧ください。

本当に湿気が凄かった。

2017年のダックスムーンLIVEの当社のオペは、これで全てですが、ダックスムーンは他にサンドクラフトやアメっこ市など多数参加してLIVEやってます。

2018年も1月の正月からダックスムーンLIVEですが、また楽しみです。是非2018年もダックスムーン共々、僕もよろしくお願いします。

中々おもしろいっすね。


mixiチェック

IMG_0334今年から導入したTOA社のHX-7

ラインアレータイプのスピーカーとしては破格の価格とコンパクト製といい、革命的です。HX-5が発売された時も、心がぐらついたけど、現物をみて、音も聞いて、自分向きではないかな~と。

東北プロオーディオ試聴会で目にしたHX-7を聞いた時は、正直、この大きさと価格ならいつか自分もラインアレーって行けそうかな・・・と思ったもんです。

ZX-5の音に今も心は奪われたままです。しかしドンドン規模も年間の音響業務も高度化して行くにつれ、小型とはいえ、ラインアレーに移行はした方が良いかな・・・と

IMG_0938最初の現場はダックスムーンのLIVEでしたが、バンドで最高の演奏をしてくれるメンバーは最高のテスト出来る環境でした。

最初はドラムではなく、カホンなどのパーカッションでの編成でした。いつもはMIDロー以降が回りやすい現場が多い中、この日の会場も最強に回る体育館でした。さらに毎年行っている会場で、比較するにはココでした。

結果はブログでも書いてますが非常に良かった。

ダックスムーンメンバーからも高い評価を頂きました。

またEQもほぼフラットで原音を損なわず出力できました

IMG_0991次の現場では野外。非常に広い場所で、HX-7にとってテスト導入して行くには、毎回がチャレンジでした。

ステージがトレーラーと言うことでしたが、ステージへの回り込みもほぼ無く、少ないスタッフでも、足場への設置もでき、コンパクト、パワー、言うことなしのSPと確信しました。

SRスピーカーとしてはTOAというブランドには多少違和感がありました、拡声器、放送設備としては、いつもお世話になってますし、トップブランドですが、音楽再生となると・・・

しかし今回のHX-7で印象は変わりました。

IMG_1085このイベントでは客席の奥およそ100mほどあり、出店業者など多数の人手でしたが、全く問題なく最奥まで音が届いていた事は事実です。

毎回のサブウーファーはエレクトロボイス社のEKX18SPですが、中々良い相性でした。TOAの専用のサブローも発売されてますので、新規購入ではそちらが最高にマッチングが取れていると思いますが、当社は既にEVのEKX15SPとEKX18SPの導入をしていたため、クロスのポイントが相性が良いか、心配してましたが、十分に対応できました。ZX5等と組む場合と同じ感じで、さらにメリハリが増す感じでした。

IMG_1132テストが続くかのように次の現場では、せり上がるような客席でした。ここでもHX-7の威力発揮となりました。
しかも・・・ドラムです。しかも・・・最高のドラムセットです。生音で十分良い音のドラム
毎回・・・ヤバいっす。凄く楽しいです。

客席の構造でローの角度が多少問題ありでしたが、HX-7の角度に関しては、うってつけでした。

卓の位置でしっかりとした、音像が得られ、SNも高く、追い込んで行くにつれ、良いポイントを見つけていくことが出来ました。ヤバい楽しい・・すぎる。

IMG_1123本番はこの位置より、ステージの一番前位のラインまで前に出しました。


IMG_1195先日の学校の体育館です。ココまでのデータでココでは、EQのカーブ、メインへのディレイなど、各種のテストも行いました。前回の体育館からさらに追い込んだセッティングをして、比較しながら煮詰めていきました。

またウーファーも今までのパラメータから変えてみたりしながら、多くのデータを収集しました。

今後も多くの会場でHX-7は使っていきますが、ZX5の音楽的な音は好きだし、なによりHX-7はそれでも重い。仕込みも毎回数人でポールに持ちあげなければイケないので、またZX5の現場は続きます。

両方の良い部分があるのでどちらが良いとは言えませんが、使い方、使う場所では、相当な対応が出来ると思います。実際野外イベントでZX5のみでも、かなりの音が出ますし、HX-7であれば、さらに追い込んだセッティングも可能になります。

またSX300のみでも、多くの現場をこなせますし、キャパもそうですが、音をどのように飛ばすのか、回り込みに関して、その場に合うSPの選択など、音響業務の楽しさは増えましたね。その分稼がないと・・・正直・・・現実ですが。
仕事を楽しむ、趣味と仕事が融合する。仕事になることで、真剣に楽しむことが出来る事は、何よりも有難いことです。

大型PAプロダクションには・・なりませんが、せめて音響家です!って胸張って言えるような、音屋さんでありたいですね。

mixiチェック

IMG_1192昨日からの2日目。今日は8時開場入り。12頃からの本番。朝一からのリハ。PAは組み上がってるから、楽器のみで早い。

自分のGLD112が現在ALLEN&HEATHのアートウィズさんに行ってますが、連絡があり、これから点検作業に入るようです。25日にALLEN&HEATHのなにやら大型発表があるようで、一部では新型のGLDでは?となっています。え〜って感じもあるし、楽しみでもあるし、欲しくならない機種で合って欲しい・・・でも、凄い卓でもあって欲しい・・・・。
IMG_1193メンバーのみなさん楽器組んでいきます。

卓周り、数年前のこのブログの記事と比べると格段にスッキリしたよね。こないだ、何となく昔の記事マザマザと閲覧してしまった。他人のサイトのように楽しんでました。

IMG_1195HX-7の角度、今回は一番下を更に5度下向き。あとはきりたんぽまつりと同じ角度。

ステージ中に回り込まなくなり好評ではあります。でもZX5-60の音が恋しくもなります。次はZX5に戻そう・・・。かな







 IMG_1198リハ進みます。実は昨日、SX300の音も追い込んで仕込みました。って言っても、結局、ほぼフラット。6.3~3khzらへんを多少抜いたていど。

ガッツリ声が戻ってるはず。

でもハウら無い。今までの音と比較したが、今までのSX300プリセットだと、比べて、音が遠い感じですね。

HX-7良い。でも卓の位置で、まだ納得できない、感じ。楽器1つ1つの音をしっかり確認。ですね〜
IMG_1199チャンネルのゲートやEQをうまく使い、はたまたグループにドラムをまとめて、EQを。

全体の量を、ギリギリまで下げ。迫力が落ちない程度まで。

今日の選曲は結構ロック。

ドラムだしね。今月はハードなダックスムーンが続く。 


IMG_1200いよいよ開場。

入りました。大入り。

生徒はもちろん、保護者、地元の方々。

椅子も増やします。


これで音も落ち着くかな〜



IMG_1203下手にダックスムーン入場で座ってます。

これから生徒による、「刻の翼」プロジェクトの講演です。





学校放送ですので、僕も休憩。




IMG_1205さぁライブ開始。

1曲目はもちろん「刻の翼」感動でしょうね。生ですから。

その後はMC。まだ1曲しか演奏してないのに、ウケルウケル、ドッカン、ドッカンMCは続く。良い乗りです。尾去沢のみなさん。





IMG_1206ハードな選曲も大森上がりです。素晴らしいLIVE!


HX-7もついつい大きくなるが、そこは抑えめ。

リハよりも5デシ落として、音が落ち着く感じでした。そしてDCAで割り当てたドラムのみ5デシ上げで全体が良い感じに鳴りました。





IMG_1209高砂さん巡業〜

With your smileです。ここはリズムはオケなので、お客様を盛り上げに開場へ










IMG_1210総立ちで終了。今日はその後も授業もあるし、学校の授業の一環。時間なんですが、予定外のアンコール。「ひまわり」で大森上がりのステージも終わりました。

お昼は学校の給食を頂きました。おいしかったです。牛乳は持ち帰り〜。またファンの方がお餅の差し入れで、満腹。私のことも盛り上げてくれてありがとうございます。写真いっぱい撮られたかも!!恥ずかし〜。

 
mixiチェック

IMG_1182明日からのダックスムーンの尾去沢中学校での「刻の翼」LIVEの仕込み。この学校の校歌に並ぶ記念Songの「刻の翼」はダックスムーンによる曲。そしてこの地元のソーランの「かなやまソーラン」もダックスムーンの曲。地元の名誉賞並のダックスムーンですね。

3年に一度の記念ライブ。自分が関わってからは2回目のイベント。最後に全校生徒と小学校含めみんなで歌う「刻の翼」は感動物です。今年発売のCDにも、もちろん入ってます。

IMG_1185 
仕込みは3時から入りましたが、きりたんぽFMの安保君が貸し出したサブローをもって来てくれたので・・最初から期待しながら・・・今回もHX-7。贅沢ラインアレーシステム。

実際はきりたんぽまつり含め色んな開場のデータを欲しくて今回がまずは最終。野外、講堂、そして体育館。さらにはここ数回場すべて高砂氏がドラムセットで参加でしたので 、良い感じの経験値が上がりました。自分的には好きなドラムの音が分かりました。あとは高砂氏や奏者の好みですが、できるだけ奏者のための音に近づけるようになればと思います。

非常に反響が不規則な開場ですので、アレーのSPでも難しかった。どうしても音が大きくなると耳障りな成分がでてくる。それを抜くと、ハリや押しが無くなるという悪循環。あとは音を下げるという方法で解決はするが、しっかりとした迫力が無くなる。まぁ見に来る方々はそれほどLIVEコンサートを見ているわけでなければ、それでもいいのだが、自分的に妥協が・・・苦手。では耳障りになる原因の音はどの辺か明日のリハで見つけていこうという感じで、今日の仕込みは終了。

今日安保君が来てくれて、怪しい58も判明。ある意味収穫。自分だけでは見つからない事。 あとはドラムマイクも1本無いことに気がついたり・・ドラムマイクは多分自分の整理整頓であちこちに入れたせいかも。

きりたんぽロスから今頃になって風邪気味。しかも喉となんか変な感じが長く続く。おそらく気がつかないだけで、きりたんぽ3日目くらいから変だったけど。長く続く。さらには今頃娘達にも移ったようで・・申し訳ない感じ。今年の10月はさらに疲れが抜けない。あ〜歳か・・・年ではなく・・・歳。 
mixiチェック

IMG_1135イベント続きで機材メンテや汚れなど出来てない。今日は天気もいいし色々やってます。


HX-7は新品から既に年季が入ったような位になりました。まぁ野外あり、出し入れあり、積込みも引きずりまわしてるし・・・


次の現場用に角度をいじってます。あとは吹き上げ。


これほどアレーが便利とは・・・。恐るべし。ただね後・・5Kg軽いと凄い有難いね。全現場これで行っちゃうけどね。

なんせ重い。持てるが、持ち上げるとなるとね。ZX5は25kg位ですがこいつは金具着いたら30kg超え

先日思い切って元箱も梱包材量も全部捨てました。使い続ける決意といいましょうか・・・~

IMG_1174デカイビニールもやっと乾かしてます。


たたむ時、どーしよー。






IMG_1163
実は日曜日の午後から空き時間見て、十和田湖に紅葉。数時間でしたが、少しリラックス。娘が後姿の夫婦を撮ってました・・・。


最近こういうふうな休日が無かったかもね。

奥さんにも、感謝。いつも感謝してます。
もう少し迷惑かけると思うけど・・・。


十和田湖近くてよかった。



IMG_1139ホールフェチと言いましたが、最近こういうLIVEなどの会場の画像や、実際の場所とか見るのが好きですね。

ダム好きな人とかに似てますね。

開場の作りや、卓の位置や、SPの場所や、機材など見てるだけで楽しい。
IMG_1140先日の大学の講堂ももちろん作りを楽しめましたね。

鹿角のコモッセのホールは最近のホールでは好きですね。天井の作りなど新鮮。

IMG_1141トラスを組んだり、特にFESなどの仮設ステージも最近のは凄く凝っていて、面白い、卓までステージまで直線で穴をほってケーブルをハワセテいたり、面白い
IMG_1143今年は静岡県のPTAに参加したおかげで何か所もホールなど見れたし、地元大館文化会館もここ数年は多くのオペをさせていただく機会が増え、楽しんでいます。


このホールもおしゃれですね。壁とか。構造も面白い。


そういえばスカパーのバラすっつう番組の、コンサートホールを・・バラス・・で、オーチャードホールの構造や建設秘話など面白かった。良いホールなんですよ。あそこ。

IMG_1144色配色いいですね。シックです。これって演者からしか見えない風景なんだよな~。

仕込みとかで自分もステージから見える、この角度の絵が好きです
IMG_1172これはロックFESですが、卓の種類やその周辺機材や、センターステージ近辺のスピーカーとか
どういう仕込みするのかとか、考えるだけで時間が過ぎる。PROSOUNDの雑誌やSound&recordingの雑誌のホールなどの記事がいつも楽しみで買ってます。

天井のラインアレーはd&bなんですが、すごいですよね。

昨年の長渕つよしの10万人コンサートの野外システムの特集がされたPROSOUNDの記事があったけど、あれのラインアレーの測定してる記事も、すごく興味湧きましたね。多分自分はそういうシステムのオペすることは、無いとは思いますが、もしするなら・・みたいな想像はいつもしてしまう。
IMG_1173この規模でライブハウスっていうのね。2000人規模ですよ。カッコいいシステム。


どんだけ~!の音が出るのよ!って感じです。



mixiチェック

IMG_1132鹿角市から大館に移動。「思ったより早く行けそうです」とダックスムーンの木村さんにLINEしたが、案外遠いもんで、予定通りのリハ残り30分に飛び込み。


ギリギリで30分だけリハーサル。

開場の広さ以上のアリーナぽいサウンド。


IMG_1133ボーカルの三浦氏が到着し開始より少し早めに、公開リハ的に始めまして、全体サウンドを作りつつ、数曲後、本番。

ドラムに合わせた音で他の楽器のバランスを作ったんで・・・ボーカルとアンサンブルしたら、思った以上の爆音。まぁイイ感じのLIVEなサウンドですが、全体が決まったところで、メインフェーダーを-5位切って整える感じ。

IMG_1134どうせなら、後のスクリーンになんか写しちゃえば良かったほど、存在感ありありのスクリーン。普段は講義の場所。

大学の皆さんいかがでしたか?

今日の選曲はいいすね。ダックスムーンとしてはハードな面が多いステージでした。ドラムと言うのもあり、学生さんには最高だったんでは?しっかり聞かせる部分もあって、メリハリの利いたステージだった気がします。

アレータイプのSPでドラムの入ったLIVEの使い方もなんとなくつかめましたね。実験室的なLIVEでした。楽しかった。また呼んでください。

ドタバタな感じの2日間だったけど、毎回違う感じのホールが多く、1つと同じ設定が通用しない。腕が上がってんのか、どうか分からない。

ただ、どんな開場でも・・・なんとも思わなくなった。

逆に次はどんな開場かな?と楽しみです。

個人的にこの数年で、”ホール”フェチというか、ステージフェチというか・・・

GLD-112が代替え機種でしたが、中身のデータは全部移動済みで、自分のGLDとしてすんなり使用。やっぱ112の方が楽。レイヤー切り替えなしで行けるのは良い。特にLIVEは。
mixiチェック

IMG_1111看護福祉大学の学祭のダックスムーンLIVEの仕込みです。

講義のホールのため、客先が急です。

と言うわけで、予算ド返しのHX-7です。そして、GLD112の代替えがアートウィズさんから届いてますので早速データをいれて行きます。

なにより今回はドラムセットですので、マイクも文化会館同様のセット。

IMG_1112凄い。HX-7とEKX15SPですが、ホールサウンドですね。オペしてる自分ですら楽しい。ただし非常にリバーブな会場。

円形でもあり、HX-7の位置が難しい。
IMG_1117良い感じでサウンドチェックは終われました。

明日は朝一は別の現場のため、本番前のリハは事実上30分ほど。

ここまで決めれば何とかなるでしょうか。

IMG_1118イベント出演としてはやり過ぎなほどのマイキングしてます。高砂氏のドラムはソナーの最高級品。それでなくても、鳴ります。

オペしてても最高に気持ちいいです。


AUDIXのD-4、D-6はいいね。今回はF,TAMにD-6、タムの3個目のにD-4。深すぎるかな?と思ってましたが、これがね、良い感じの中低域押す感じが素晴らしい。今後も使う。キックはATM25、SNは57。トップ、HHはAUDIXの51のコンデンサ。
IMG_1122
HX-7の良さはこういった会場も難なくこなす。ただし問題はロー箱。下で回る感じで、実際は予算的に無理だが、足場などの高さに上げたい部分はある。

それでも突き刺さる、耳障り感が少ない。通常のSRよりも良い。

PINKで測定しても、EQはフラットで十分だが、メーカー指定の部分は参考に、あとは会場に対しての耳でカットしていきました。

IMG_1123角度は前日に見た感じで金具を調整してきたが、一番上は上げすぎたかも。

パワーアンプのPLX3602はおよそ2時くらいで十分。

サブローはプラスマイナス0。こないだのキリタンポまつりはプラス5 

余談だが歌マイクはすべて58。58です。ウチのサウンドは入力が58で良い音になるようにEQされてますので、その他のマイクが来たときは、マイクがどうのこうの関係なく、最高の音では無くなります。そのマイクで追い込んだリハが出来れば良いのですが、マイクのみの性能を信じて購入するのは良いのですが、使う前に音響さんとそのマイクの特性に合わせたリハや仕込みが大変だという事を、憶えておいて頂くと有り難いですね。 
mixiチェック

↑このページのトップヘ