Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。秋田県大館市で音響屋と電気屋の共栄電機・音響のキョーエイ!を経営!このブログは音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタや愚痴もあるけど・・・更に音響業務楽しく頑張る毎日です。全ては個人的見解のみのサイトです。それぞれの参考になる事だけ楽しんで頂ければ幸いです。あとは勝手に言ってる事として、受け流してくだされ~・・・

タグ:GLD-80

IMG_7386朝一8時半で中ホールへ・・・

照明シュートが始まってまして・・合間ぬってサウンドチェック。

しかし・・さすがアクトの野作さんですね。照明も音響同様、個性が出る。

ムービング8つ。ほかLEDパー多数。中ホールでこれだけの明かりも久々。

IMG_7387





ついつい明かりに見とれてました(^_^;)

音も同時に流して作って行きます。

今日は中ホールのJBLが素直。RTAでみてもフラット。ほほ~

安保君がオペなんでメインで音を作って行きます。
IMG_7391






PCのタタキソフトとか、その場で音源を編集したり・・・さすがだ。惚れ惚れ。

僕は後ろからブーブー・・・言ってませんよ。いい感じで音も出来て行きました。今日の会館、寒い・・・ものすごく寒い・・・



おもったら、暖房が故障らしい。ゲネまでは回復しました。
IMG_7392



リハを見て、ぼちぼちゲネ開始。ってとこで、僕は移動。

安保君よろしこ~。また後ほど。

YUKA先生にパワーおくって、後ろ髪引かれながら、鹿角へ・・・

IMG_7375ダンススタジオカラーズの毎年恒例の発表会です。今年は次の日の本番が鹿角での現場と重なり、当日オペを安保君にお願いすることになりました。

今日はその仕込みです。

照明はアクトデヴァイスさんです。いつも以上の演出が期待です。

卓は安保君持込のGLD80!お~久しぶりの80!なんかこのサイズ感はいいですね。112は便利ですが、やっぱ幅広。IMG_7376


機材仕込みで、この日は音だし無しで照明シュート日。

で・・・次の日に搬入を考えてましたが、二人で鹿角入り。

鹿角パークホテルのダックスムーンのディナーショー仕込みへ

電源を安保君が引き込んでくれましたので、ついでに音響も入れちゃえ~とばかりに、会場入りさせて頂きました。IMG_7377



結構な量の機材です。明日一人で・・と考えると、今日でよかったかも。

こちらはGLD112。ダックスムーンには112。SQ-6も考えたけど、今年最後の現場。持ち込めるだけ持ち込んで、総決算。

今回はVoリバーブ2種類とディレイ。楽器系にリバーブが1つとパーカッション系に1つ。さらに木村氏ギター&ウクレレ用に1つで計6つのFX。これできるのはGLDだけ。
IMG_7378

結線までやり、あとはサウンドチェックまでで11時。あとは明日。

でもここまで出来れば、明日はだいぶ時間短縮でした。助かった・・・。

と思いきや、SP用のディスタンスロッド忘れた僕・・・今日でよかった。明日なら一回倉庫まで戻りでした。ある意味今日仕込んで正解。

無理に入れさせていただいたパークホテルさんにも感謝。


IMG_7379



席数は250くらい。両端が幅広。奥行きは普通で、メインにETX15Pとロー。さらに両端にJBLのPRX812W。これ便利。120Hzクロスで送った回線をETXとPRXに送ります。

モニターはSX300をPLD4.2で。

IMG_7380




どうせならと、パーカッションのTOPに451を左右に。仕込み忘れたけど、本当はカホンにバウンダリーのほかにAUDIXのD-2を入れる予定でした。結局忘れて仕込んでません(^^ゞ

とりあえず今日はここまでで帰着。

明日は午前中にまたカラーズ現場のほくしか鹿鳴ホールの中ホール入りして、サウンドチェック。あとは安保君おいて、僕は昼にパークホテル入りしてサウンドチェックです。

どちらも本番は5時過ぎ。2019年最後の現場の週末もなんか、テンヤワンヤ。

IMG_11022017年の春にGLD112導入。キッカケはGLD80の良さにフェーダー数とDanteカードを組み込んでマルチレコーディングを可能に出来る事でした。

この年はダックスムーンの35周年イヤーで、m32で行こうか、GLDで行こうかと悩んでいたときでしたので、GLDの112にすることで解決。

導入後一切の不安無くLIVEへ。

便利。

IMG_1189そして35周年LIVE。

ここで1回自分の1つの通過点を走り抜くことが出来たように感じますね。目標であったし、あこがれでしたし・・・。









IMG_2949YAMAHAのQL5です。文化会館の卓です。

発表会では何度か触ってましたが、今回はオペ。

LS9でYAMAHAのデジの感じはわかってましたが・・まぁYAMAHAの卓の基本的な感じは同じでしたね。

画面がデカイのは良いね。HAはまぁまぁ良い感じでしたね。




IMG_2794貸し出し用にMackieのONYXの1220を中古で導入。やっぱONYXは良いね。

素直な音。実はGLDになって、時々音で悩むときがあって、今一度ONYXの音を聞きたかったって言うのが、動機かも・・・。

やっぱONYXの音は良い。





 IMG_3063GLD112で小沼ヨウスケさんのLIVEオペは良い経験でしたね。

そうか・・・今年か。凄い前に感じる。

今年だっけ?そうか・・








IMG_3144良いライブだったし、良い音が見つかったようなオペでした。












IMG_3519そして、SQ-6導入。

いろいろ補助金等の出来事で予定外に導入となりましたが、ちょうどミドルクラスのLIVEやイベントの卓で良さそうでした。

コンパクトで多チャンネルでフェーダーが24本。更には卓に入力端子がいっぱいあって、GLDのマルチが併用出来るという。




IMG_3337卓のフルラインナップ。














IMG_3526SQは96khz処理。最初の現場ではアナログマルチで入力してしっかりHI-RESサンプリングの音を試しました。

幅の広い音域で滑らかでした。

低域のコモリも無くハイの抜けや耳障り感も無い






IMG_3677今年の秋口の現場はほぼSQのみ。

慣れることや、色んな現場で試したい事もありました。万能。正直SQ-7で32チャンネルですが、それで完結できますね。









IMG_3865結局、ここぞって1番の現場はGLD112なんですがね。

使いやすい。フェーダーの動作が好き。速い!

自分に合ってるフィーリーングでしょうね。

あとは中途半端にデカイのが好き。でも軽い。なんかね、機械いじってる感じがイイスね。

今後もよろしく。

へばな〜!! 
IMG_4288「ボヘミアンラプソディ」見てきました。前の日はナイトショーで「くるみ割り人形」。

映画を連続で見ました。両作品も中々楽しかった。

来月のマスカレードホテルが楽しみです。東野圭吾作品は面白い。 

IMG_3319さて・・X32 PRODUCER です。ついにX32シリーズ全機種。相当気に入りました。なんだかんだ、このPRODUCERは一番稼働したきがするね。とにかく便利。でもX32のフルがあるからこの便利さが分かる。



IMG_3506軽バンに組んでも大丈夫だしね。

そういえば気に入ってたな。

いまはM32ですか?今だから言いますがね、M32もX32も対した違いないから!まじで(笑)でね、M32ってな・・・って思ったのね。






IMG_3615そういえばMackieのONYXとも組んでの仕様。録音。

レコーディングも出来るしね。デジタルへの転換は以外に楽。










 IMG_3994鹿角のコモッセというホールがオープンの時です。この時の機材搬入とか手伝いました。LS9もおぼえたな。今は忘れた。











IMG_5754こけら落としのイベントでオペでしたが、LS9は使わず。結局卓組みました。












IMG_5644 
GLD80を入手。コモドマティーナ社が正規代理店の最後の頃、多分・・・ヒースとの契約が終わるからだと思うけど、デモ機処分が沢山でたのね。それを仕入れました。一瞬で無くなったからラッキーでした。ケースも付いてたしね。で、ついでにそのリストにマルチBOXのAR2412ケース付きとQU16ケース付きがあったの。で・・・

一気にALLEN&HEATHに。結構思いっきりが必要な入れ替えだったかな。X32を3台とS16も一気に売却。理由はなんだっけな・・・

IMG_5705
GLDは・・想像以上。ヒースに良いイメージ無かったけど、じつは、凄くタイトで、束になった時の音の分離が良くなった。ちょうどダックスムーンLIVEがあって、これがこけら落とし。まだ数回しか触ってないけど、行けそうだから導入!

本当に良い卓です。GLDとのつきあいはこの後から長くなるのです・・・。




IMG_5982で・・Qu-16も導入!

Quはね、更にカチカチな音。良いんですよ。凄く。X32PRODUCERの変わりになるし、それ以上!しかも純正のメーカー名入りの水色ケースも付いてるし・・・。これね・・実は届いた日にそのまま現場だったんですね。一応X32PRODUCERは車にありましたが。今でもメインで活躍のQu!





IMG_6752X32を売却・・は、実はGLD購入から半年くらいは悩んでたかもね。まだ売ってない。GLDがメインで使ってた頃でも、時々X32を使ってたり。本当にX32を手放してもいいか、悩んだよね。でもね、多分この現場が最後だったかな。

久々にX32使ったときに、音がGLDが良いかな?って。で、GLDだけで良いかなって思えたかもね。

X32は3台とも良い値段で売却出来たのね。GLDとQuはね2〜3万の負担位でしたね。 


IMG_8299M32です。 実はデモ機借りたんです。で、良かったんです。久々のX32的なM32が。でね、市場売価半額近くの価格で仕入れたんです。導入しました.
あこがれのMidasだし・・・断る理由がなかった。
X32より画面も見やすいし。

周りの偉い方々が言うように音が違うのかも知りたかったし、X32とは違うんだろうな~と思ったけど。
結論。ザックリ言うと同じです。細かく、理屈を言えばありますがね。本当はね・・・言いたかった。「こいつらは!同じだ!」作りが良くなってる分M32は高いっていうのは納得。その分動作安定や勝手も良いのは間違いない。
IMG_8316でもね、数現場に導入してやめました。 

あのね、重い。ケース込みで一人現場は無理。60kgはね・・重い。持って行かなくなり、結局GLD80しか使ってないし。音もGLDの方が自分には合ってるし・・・

あ〜もったいない!

憧れのメーカー・・・だけど、いつも結論が早い、飽きやすい、迷わない、後悔しないのが功を奏し?
か?
ちがう、GLDの方が好き。Midasだけど・・ALLEN&HEATHのGLDが良い!ってことで・・・

売却!

これがね・・うひひひ・・・買った値段よりも高く売れたという。GLD現場が多くて、M32使っててもツイツイ、画面押してるし・・・RTA表示はX32もM32もすご〜く便利でしたね。入力が32個付いてるし、マルチレコーディング出来るし。GLDはそのどれも駄目。でも音が良いし、軽いし、が勝ったんだね。

う〜ん激しい激動の時期でしたね。でも案外最近のことだったり・・・あ〜反省。

IMG_3331SQ-6の導入です。

内容の把握までは現場導入しませんが、多分9月の現場からですね。

とりあえずイジッタ感じではQU。でもさらにGLDの良い部分や新機能も多い。






 IMG_3324箱から出した印象は「小さい・・・」

非常にコンパクト。24チャンネルの卓としてはコンパクトで軽い。GLDより軽い。


その点は最高ですね。軽いのは良い。







IMG_3332更に小型はケース。PULSE製の専用ですが、コレに入る?って思ったほど小さい。もちろんビッシリ入りました。

GLD112のケース並べてますが、画像よりも小さい感じです。







IMG_3336はい!どうせなら並んで見ましょう。

壮絶な画像。ALLEN&HEATHさん、嬉しいでしょ?

いずれは・・・どれか売却するね。ウチの規模じゃ4台は要らない。

悩む・・・。





IMG_3339現場終了後、卓は綺麗に吹き上げしてるので、ウチの卓はみんな綺麗です。GLDのフェーダーは全てYAMAHAのCL用に変更。これ感触良いんです。

SQの昨日はおおよそ分かりました。あとは音ですね。96khz処理ですからね。


まずはご報告!

現場下さい! 

IMG_2354開場です!多くのお客様が来場してきます。有難いですね。


さぁいよいよです。GLD112の不具合で一時は、今回ヤバい・・・って。しかし、それで厄払いだったのか、終始順調にここまできました。
当初生の音を生かすミックスというイメージでしたが、歌もオケピのオケもちゃんと聞かせるようなオペにしました。まぁ、主宰のダンスオデッセイの石井先生との共通の意見でもありましたので、リハーサルで色々試した結果、ゲネでそれらしい音に仕上げました。凄く生音もしっかりしつつ、PAからも補正出来たような気がしました。

IMG_2357本番スタートです。

これだけリハを重ねても、本番の最初の音はフェーダに触れる指が震える。毎回そうなんですが、たまらない緊張感。これが快感っていうか・・・

やはり客席が埋まればサウンドは変わる。すこしピーキーかなと思ってましたが、生のオケの音に混ざると、一体感が出る感じです。

SHUREの57とβ57ですが、非常にオーソドックスな選択ですが、大きな舞台や、音の数が増えるほど、こういうフラットな特性のマイクが活きる。正直全部58の方でも・・良かったかもね。いろんな楽器などに混ざりやすい、57、58はまさにそういうマイク。そいつだけがそっぽ向かない音。ちゃんとアンサンブルしてますよ~って言うマイクです。

IMG_2358沙良さん、かほりさん、ジョイフルシンガーズの皆さんの本番では、素晴らしい歌でした。演奏も本番は良い演奏で、相当な音圧になりました。歌もそれ準じて、結構な爆音でしたよ(^-^)

迫力満点でした。

SX300もSHUREの57も1本、1本それぞれ微妙にゲインや音が違うって・・言うのを体感。製造年式などもあるのかもね。特に57の入力ゲインが違う。それだけ異常なのかな?

IMG_23591部終了後、転換も皆さんに見られながらでした。中々見る事の無い転換作業は多分見ごたえ十分でしたね。舞台装置も大がかりで動作しました。オケの皆さんもステージから、ピットへの移動、私たちPAチーム3名でワイワイ凄いスピードでケーブル巻いたり、モニターを片したり、私たちは大汗流して転換しましたが、楽しんでもらえましたね。

オケピもうっすら光り輝いて良い感じ。

さぁ2部の「くるみ割り人形」スタートです。

IMG_2360映像と音は一体感が大事って、私は思います。画の規模に対して、音がしょぼくても駄目、音ばかりが迫力で画が小さくても駄目。画に大して、音の規模は比例して行くものではないでしょうか。

今回の画、音は良い感じにシンクロ出来たように思います。

なんだかんだって、大ホールです。画もセットもバレエも迫力あるし、照明も素晴らしいです。音も迫力、質共にかなり追い込んだ作りになったとは思います。

AUDIXのマイクの質は良いですね。RODEも好きだけど、ADX51は良いすね。べりのC-2の中域限定の抜けも素晴らしいね。
F-9はドラム専用かと思いきや、単一指向性とは思えない指向性です。広いです。シロフォンや木、鉄琴全部拾ってました。しかも結構同じレベルで。感度が良いマイクです。ADX51よりもフラットでシルキーな音。万能マイクです。しかもローノイズ。
IMG_2369フィナーレです。みなさんお疲れ様でした。

バレエの最後の方で「あ~終わってしまうんだな~」と思いました。長かった3日間でしたが、本番あっという間。楽しい舞台制作に参加できました。一緒に作り上げた皆さんに感謝します。

フィナーレはオケの皆さん、歌の皆さんも上がります。こうやってみると、N○K紅白歌合戦みたいに見えますか?

またこのオケピとバレエの企画は実現してほしいですね。毎年の恒例とか良いかもしれません。期待してますよ石井先生。

総合演出と主宰の石井先生、お疲れ様でした。次はプロジェクター行けますかね・・・

文化会館のスタッフの皆さん、佐々木さん、日景さん、きりたんぽFM安保君、本当にお疲れ様でした。毎回これだけ我がまま勝手なオペに付き合ってもらっちゃって・・・すいません。ありがとうございました。

数年ぶりに友達とも会えました。お互いに大きく盛り上がる訳では無いけど、凄く嬉しかったです。僕にとって少ない友達と呼べる一人です。

あ~いい舞台だった・・・。しばらく引きずりそう・・・。


来週またやりませんか?なわけ無い。
そだね~(しつこい)


ちなみにこの日の夜は打ち上げには参加せず、倉庫で機材片づけ後、家飲みしました。すげー飲みました。正直3日間、毎晩飲んでました。

やっと、寝付けました。

ではまた!

へばな!

IMG_2332おはようございます。いよいよ当日を迎えました。

午前中は準備をしてゲネプロへと進みます。ゲネプロってのは、リハーサルのように止めたり、指示を出したりしながら、作りこんで行くのではなく、本番通りの進行で、一切を本番通りに、衣装も全て本番通りに行うものです。

照明や舞台装置に細かく修正が加わり、大変ですね。

音響チームは・・・この時間は何もすることが無い・・・時間です。


IMG_2334いよいよゲネスタートです。1部の「大いなる秋田」ですね。昨日のリハで追い込みきれない所はここで、しっかり作り切ってしまいます。そして歌い手も昨日のリハーサル出来なかったメンバーも増えましたので、モニターのSX300も会館から借りて1台増やしました。

QSCのPLD4.2の2Ω駆動です。イケますね。

別チャンネルも考えたけど、ここで別のモニターMIXを作ってる時間も無いので、出来たMIXにSPを足すって感じですね。

IMG_2335ゲネも順調?に進み、2部の「くるみ割り人形」へ

いまんとこ、問題無なし。なんとかここまでまとまったかな~て感じですかね。

オーケストラピット無いのマイキングは位置は結構変わりました。C-2も1本増えました。

表からも多少出力する事にしました。輪郭と広がりを持たせる感じです。あとは低域のこもった感じの修正ですね。

IMG_2341ゲネがおわり、修正のリハーサルです。

あと1時間で開場です。

素晴らしい内容です。僕がお客様だったら、十分満足です。大館でこれだけの舞台を作れるって凄いですね。

IMG_2346ピット内の大館ウィンドアンサンブルです。

カッコいいですね。ただ客席からはあまり見えないのが、少~し残念。

でも凄く質の高い演出です。なんでも生ってのが良いのかもしれません。

昨日から楽器の配置、変わったのが分かれば凄いですね・・・




IMG_2347開場に備えます。あと・・10分です。

10分無いですね・・・

1部の準備します。音響チームはモニターやマイクのバミリやSPやマイクに着けたテープなど全て取ります。

モニター、マイクの最終の回線チェックをして終了

IMG_23512分前です・・・
皆さん、がんばりましょう!

IMG_2352今一度美しいか・・確認。いいすね。
マイクは全て定番。57とβ57です。見た目と音のバランスと抜けですね。後にオケを背負ってますので、当初、コンデンサーをプランニングしましたが、これに落ち着きました。結果は満足です。沙良さん、かほりさん、大館ジョイフルシンガーズの皆さん、素晴らしい個性の豊かで、実力のあるボーカリストさんですので、十分に安定した声が得られました。

IMG_2353大丈夫。








さぁいよいよ本番です!

IMG_2306朝9時からの仕込みは、午後3時過ぎまででおよそ完成。ここから夕方に向けリハーサルへと進みます。

舞台の製作って色々時間がかかります。さらにリハーサル、ゲネプロ(本番通りに止めないで通すリハーサル) も本番前には2〜4回位繰り返すよなものです。

それを経て、たった1度の本番になります。

舞台はまさにその2時間の為に3日間を費やす。演者は事前の練習からはすでに、数ヶ月を費やす。そのたった2時間の本番の為に。
IMG_2308卓周りで〜す。マルチですがバンド以上の回線数。一杯で〜す。卓の前にはステージや袖、調整卓からくるアナログマルチが32チャンネル分来てます。ケーブル本数、凄いです。










 IMG_2313手前はウチの音響卓。真ん中にプロジェクターをはさんで、向こうに照明の卓となります。

よろしくお願い申し上げます!!










IMG_2314大館ウィンドアンサンブルの準備まで、CDでバレエのリハを開始。とりあえずCD仕込んで置いて良かった。

この感じのタタキはバレエの時と同じ









IMG_2317吹奏楽の皆さんがピットに収まります

いよいよリハーサルです。











IMG_2320オケピの中です。ステージとの位置関係はこんな感じ。

なんか幻想的です。良いですね〜

客席からあまり見えないのが残念です。

この舞台の製作に関われて、なんというか幸せです。楽しいですね。




IMG_2321上からオケピの中のマイキングです。シロフォン付近にAUDIXのF9です。中々広く拾うので良い感じです。

中間にC-2

中音はこのマイクはカッキリ拾います。楽器集音向き。
















IMG_2323
音の弱い付近をねらいます。

あと58でチューバを。結構ステージ上で重要なモニター。









IMG_2324エンディングリハ。全員ステージへ。1部、2部の出演者全員です。楽団の皆さんは楽器を持って登壇です。











 IMG_2326今日のリハーサルの最後は1部の「大いなる秋田」

初めて生で聞きました。予習には何度か映像で見ましたが、オーケストラで合唱団ですので、今回のような吹奏楽でソロボーカリストでと言うのは、中々参考になる映像が無かった。

なるほどね〜そう来るか・・・・。とりあえず分かりました。明日更に修正していきます。

しかし・・・紗良ちゃんの声量は半端無いね。全マイク同じゲインで、フットのモニター量も同じですが、ほぼ紗良ちゃんの声で聞こえないほど。凄い。通常よりも-10デシカットでちょうど良い感じ。7人のそれぞれの声の個性が強いので、案外まとめ上げるのは容易ではない。楽しい。

少〜しRevを入れるとハリもでるし、色々試します。オケとの兼ね合いがね。難し。オケは強弱のレンジが大きい。声をそれに合わせるとなると、卓のフェーダー操作を都度可変させるほか無い。

ステージ上の転換も一部お客様に見せながら行います。ステージ上の白い天井、良く演奏会では見えるのですが、「天井反射板(天反てんはん)」といいます。コレがどういう風に現れて天井になるのかみることが出来ます。

オケピは、次はいつ見れるか分かりません。何年後?それとも・・。 

いよいよ明日はゲネプロ、本番です。 

IMG_2291今日は「吹奏楽とクラシックバレエのコンサート」の仕込み、リハーサルとなります。

朝一はオーケストラピット(オケピ)を開ける作業ですね。客席を外して、床をとり、掘ります。

今日は現場サポートに安保君が袖に入ります。 

オケピが空くまで、回線チェックです。

 IMG_2295ステージ前の最前列から5列目までの客席が全て外されていきます。大館青年会議所の皆さんが頑張って頂きました。

IMG_2297

いよいよ床が外されて行きます。お〜深い。すげースゲーの歓声。その床はオケピの床に敷かれます。










IMG_2302


じゃ〜ん!完成!ついにオケピが姿を見せました。

だんだんワクワクしてきました。

オケピ内のマイクの回線をチェックしていきます。オケピ内には8つのマイク端子があるので、そこに結線して、卓側にマルチ経由で送ります。






IMG_2299ステージ上は2部のバレエのセットが組まれてきます。あとは照明のシュートが始まるので、慌ただしい。 

毎回の段取りだが、作って行く感覚がたまらない。本当に非現実な空間に変わる。







IMG_2300バレエは「くるみ割り人形」バレエの公演では結構定番でおもしろい。曲も聞き慣れた曲が多い。初めてでも分かりやすい、演目だと思います。

今回の依頼を受けてから、曲からどの楽器の集音するかが見えるほど、曲のイメージは出来ていました。

ただオーケストラではなく、今回は吹奏楽団ですので、楽器の違いはあります。弦楽器が無い。


IMG_2303セットが出来、照明のシュートへ・・・




リハーサルへつづく・・

IMG_2068開場で~す。なんと・・なんと・・


大入りです。凄いね。カザキのラストLIVE効果か。


満員。入りきらないなら、PAの前の物置き片して、席にしなきゃな・・・。


場内にはダックスムーンの贈り物の曲「Dear KAZAKI」を流してます。案外良い反響。

IMG_2072冒頭音が出ない。のは、開場PAがコケタんですが、音の問題は・・僕と思われるんだよね・・・まっいいか。

本番は問題無し。凄い盛り上がり。

ハチコの声も張って来るので、ゲネよりもデカイ。でか過ぎるほど。ピークはいりま~すって感じ。

ま、いいか。なんでもどうぞ。オジサンに任せなさい。

1曲目は「大好きOdate!」
IMG_2076企画のファッションショー。

最後に全員ウェディング。
曲の尺を倍以上に編集してきました。
実は本番はドンピシャでした。リハでは相当余ったのに。
本番とはそういうもの。

IMG_2080開場ビッシリです。サウンドの傾向は変わります。御成座の場合、満員の場合、中域~低域の腰が吸われた感じ。
高域の耳障りな部分が残る。

そこを抜いて修正します。抜き過ぎた中低域を多少足します。

秋田犬の「アコ」登場。NHKが秋田犬の番組取材で撮影が入ってます。なんかすごいLIVEになりました。

IMG_2082レナのソロです。

ウイスパーボイスな歌声です。それを生かす感じかな?
ハチコの時より声量ある。本番に強いね。レナは。
舞台の時もそうだけど、本番で化ける。感じですね。

曲は・・イナバウワーのスケートの曲・・・

IMG_2084ピアノの企画。リンがショパン。ショパンコンクールをテレビで見たせいで、この手のピアノの凄さが伝わる。

いや~大したもんだ。

でもね、ゲネの時の方が凄かったよ。本番も良かったけど、ゲネのリンの演奏はヤバかった。

譜面なし。暗譜です。おそろしい。卓の画面のピアノのEQ。ほぼフラット。木村さんのピアノ、バランス良いんです。

まぁ生音ピアノよりは、LIVE向きのバランスです。
IMG_2085料理対決などあって、カザキ卒業企画や卒業式となります。隣りの木村さんも後の石井先生も、スタッフみんな、涙涙です。そういう私も実はボロボロでした。

オーディションから3年以上、良く頑張ってきました。お疲れ様。今後は東京のプロダクション入りし、きっと活躍してくれるでしょう。

IMG_2087最後の「オールウェイズ」はみんな、歌うのが大変でしたね。リンのピアノも良い感じでしたね。

生演奏のハチコも今後行けそうですね。良い雰囲気です。

タタキや企画物が多い現場は、こういう指示書やタイムスケジュールな紙が卓上に散乱します。

アンコールは「MHG」少~し大きめの音でアオリました。

大いに盛り上がったLIVEでした。なんと2時間強のLIVEになりました。

IMG_2088お疲れ様。握手会やチェキ会などあって、中々お客様がはけません。
まっ大盛り上がりですから、仕方ない。有難いわけです。

しかし・・大入りですね。

はやりLIVEは良い。4月からは新しい体制でLIVE出来るのを楽しみにしてます。

まずはカザキの今後が素晴らしいものになるように応援してます。本当にお疲れ様。大館のきりたんぽ祭りの為に、大いに貢献してくれました。ありがとうございました。実行委員としても感謝申し上げます。
カザキの1月、2月の現場全部に関われて、良かったです
IMG_2091
後日の新聞記事です。

今回は少し疲れました。毎週末の連戦というのも、あるのですが、・・・歳だね。
LIVE後は良い酒になりました。久々にLIVEの音響後に飲みたいと思いました。
家ですが、じっくり飲んでました。

↑このページのトップヘ