Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。秋田県大館市で音響屋と電気屋の共栄電機を経営奮闘中!このブログは音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張る毎日です。

タグ:Electro-Voice

IMG_2797歓送迎会の特設会場への音響仕込みです。



暑くなりましたね、昨日までの大雨もやむと、いよいよ夏になって行きそうな感じですね









IMG_2795ワイヤレス2本と、司会用の58.

卓は久々のMackieのONYX1220
やっぱアナログは音が太い!

ONYXは良いね。音がダイレクトな感じ









IMG_2796メインはSX300














IMG_2798体育館を半分にして、パーテンションで仕切り、看板用の台をあげていきます。結構大掛かりですね。

わたしも手伝いました。











IMG_2802司会の方が簡単に操作できるようにと、触らないように、誤動作防止のためのテープだらけ・・・

ワイヤレスは今回はスピーチ多いので、JVCのWM-P970です。手元スイッチ付はこういう場所では一番便利。ただハウルんですよね。

P902のダイナミックマイクの方が良いです。当社では持ってないけど。

司会用の58を使ってよくわかる、有線マイクのよさ。
確かにワイヤレスは便利ですが、質がね・・やっぱ58は良い。ハウリングも起きない。起きにくい。

入場のCDやBGM用のCDも作っています。


mixiチェック

IMG_2614午後2時からは2部スタートです。


2部は多くのお客様で大賑わいです。


2部はハチコからスタート!


デビューの衣装で登場!



IMG_2616そしてダックスムーンとコラボ企画もおなじみ。

Ju-keiもきたんで、良い感じです。

2部は少し音も大き目。








IMG_26181部ではメンバーそれぞれ変化がありましたが、2部でも発見!Ju-keiのベースが!赤。赤のメイプル柄。後ろのカーテンに同化しそうな・・・

音はね。太。しかもアクティブ、パッシブ両方行ける。凄い。

多少、ブーミーな音です。

やっぱりダックスムーンはベースJu-keiがあるのと無いのでは違う。ベース良いね~高砂さんとの掛け合いもタマラナイ



IMG_2621アンコールはハチコも登場で「With your smile」

久々楽しかったな・・・。また今年も夏が来る感じですか?










IMG_2625で!次の日。「山田記念マラソン大会」

今年も大会ツアー始りますね。

良い天気だし、体調万全。昨日のLIVEとかで多少お疲れだけど、練習が十分なので、良い感じ。

このスタートがたまらん。






d7v6ro8b79で、無事ゴール!

最高の10kmでした。

快走!ここ数年で一番の快走。

ちょー楽しかった。


mixiチェック

IMG_2593あれこれありながら、リハーサルです。最初にダックスムーンです。今日のステージは2回公演。前半はベースのJu-keiが欠席で、スペシャルな内容です。2部ではJu-keiも参加でいつも通りのダックスムーンLIVEですね。

GLD112も快調です。

木村氏の持ってるのは・・・ウクレレ!





IMG_2596ウクレレとアコギの組み合わせは、案外ロック。音的にですが。

全体バランスのいいアコースティックギターと中域ゴリゴリのウクレレで音の住み分けも良い。

そこに高砂さんのパーカッションですからね・・・。

何よりお二人の声という楽器ですかね。

最小楽器でもこれだけの演奏と音になる。凄いです。



IMG_2598続いてハチコのリハです。久々な感じです。

みなさん若いけど、毎年どんどん大人っぽくなりますね。自分の娘と同じ位の年齢でもあって、成長が感動です。自分はどんどんオジサン化。


以前ほどVoフェーダーあげなくても、声が入ってくるようになりました。




IMG_2600いとくの支配人さんの挨拶です。

間もなくスタートです!










IMG_26013人のダックスムーンLiveスタートです。

良い感じです。










IMG_2602なんと・・三浦さんのピアノで歌です。

良いです。中々見ることのない企画。










IMG_2605続いて、木村さんのウクレレ。そして・・・

三浦さん、高砂さんのハワイアン。

という画。

今回の1部のみの企画でした。






IMG_2609良い感じで盛り上がりました。連休初日ってのもあって、お客様も来てましたね。











IMG_2610ハチコのLIVEスタート!

久々だけど、良いね。LIVE自体はだいぶ迫力満点だしね。

少し・・爆音ぎみの自分。楽しい・・・


2部へつづく・・・
mixiチェック

IMG_2578明日からのダックスムーン&ハチコのLIVEのために、いとくショッピングセンターへ仕込み。


今日は朝に明後日の為のトレーニングを10k走って、その後陸上のスポ小のコーチで長根山でした。その前に1時間某団体の会計監査作業でした・・着替える数十分の余裕もなく、陸上部のまま、搬入。正直クタクタでしたが、久々LIVEで気持は上場。

IMG_2579いつもの赤い感じ。メインはZX5。僕の代名詞になりそうなSPですね。

メンバーもきて荒かた、セットは完了。音出しも完了。

が!ここでまたも怪しいGLD112・・・まだ自前はメーカーで同じのの貸出機ですが・・

不安を残し、今日はすでに夜9時でいとくも閉店真っ暗だし、結局持ち帰り、明日は早めに入館することに・・・

IMG_2580で・・次の日の朝7時ですね・・・

GLD80もスタンバイ!ってことに。しかし・・・こうも同じ症状って、ほかに実は原因があるのでは?と私の心をくすぐる。

リハーサルまでは3時間あるし、現場で検証って一番いいかも。症状出しながらやれるし。なんて・・エレベータで考えている時間が・・・すごく幸せ。機械いじり馬鹿って、そんなもんです。

不安よりもワクワクって。


IMG_2582自前のメーカに入院してるGLD112とこの貸出機の違う部分と同じ部分を考える・・・あっ、Danteカード。貸出機にDanteカードだけ自前から移植してる。同じ症状ということはDanteカード関係かも。って事で、ここで基盤はずす。恐ろしいが、最高に楽しい、一人の現場。


症状が解消・・・やっぱり。あ~よかった。これで今日もGLD112でオペできる。うれぴ~!

次の日さっそくメーカーとやりとり。まぁ結局は僕のDanteの設定の仕方でした。

IMG_2584ラックはハチコもあるのでワイヤレスとCD&SD

ハチコは今回から6人。さみしいが、マイクで応援してるウチとしては楽になりました。AKGのTATRADとサウンドピュアの8033の組み合わせ。

話は戻るが、そうなると自前もそれで不具合だったかもしれないね。一応アートウィズさんにもその件はお伝えしました。こうして1つづつ解決していくのである。


IMG_2587袖はアンプ、マルチ

今回の不具合で、最初はAR2412が犯人か!なんて思いました。違ってよかった・・・。





IMG_2585そいういわけで、GLD80はまた1Fまで降ろし、車に戻し、再度仕込み。追い込めてないのね・・・昨日は。

だってこれで追い込んでも使えない可能性もあったしね。

あ~よかった。


IMG_2588さぁ間もなくメンバーも来ますね。

ホッとしてリハにのぞめます。

今日はねパーカッションの高砂さんの楽器が、また!増えてました。ボンゴ!う~マンボ!

いい音ですよ。硬くて、抜ける!

実は木村さんも、三浦さんも新ネタありなんです。さらにはJu-keiまでも!!新年度なダックスムーンです
IMG_2589こんな感じ~!

今日もいいLIVE行けますよ!

いい音出しますよ!



IMG_2592さぁリハーサルも間もなく!

次回につづく・・・


mixiチェック

IMG_2354開場です!多くのお客様が来場してきます。有難いですね。


さぁいよいよです。GLD112の不具合で一時は、今回ヤバい・・・って。しかし、それで厄払いだったのか、終始順調にここまできました。
当初生の音を生かすミックスというイメージでしたが、歌もオケピのオケもちゃんと聞かせるようなオペにしました。まぁ、主宰のダンスオデッセイの石井先生との共通の意見でもありましたので、リハーサルで色々試した結果、ゲネでそれらしい音に仕上げました。凄く生音もしっかりしつつ、PAからも補正出来たような気がしました。

IMG_2357本番スタートです。

これだけリハを重ねても、本番の最初の音はフェーダに触れる指が震える。毎回そうなんですが、たまらない緊張感。これが快感っていうか・・・

やはり客席が埋まればサウンドは変わる。すこしピーキーかなと思ってましたが、生のオケの音に混ざると、一体感が出る感じです。

SHUREの57とβ57ですが、非常にオーソドックスな選択ですが、大きな舞台や、音の数が増えるほど、こういうフラットな特性のマイクが活きる。正直全部58の方でも・・良かったかもね。いろんな楽器などに混ざりやすい、57、58はまさにそういうマイク。そいつだけがそっぽ向かない音。ちゃんとアンサンブルしてますよ~って言うマイクです。

IMG_2358沙良さん、かほりさん、ジョイフルシンガーズの皆さんの本番では、素晴らしい歌でした。演奏も本番は良い演奏で、相当な音圧になりました。歌もそれ準じて、結構な爆音でしたよ(^-^)

迫力満点でした。

SX300もSHUREの57も1本、1本それぞれ微妙にゲインや音が違うって・・言うのを体感。製造年式などもあるのかもね。特に57の入力ゲインが違う。それだけ異常なのかな?

IMG_23591部終了後、転換も皆さんに見られながらでした。中々見る事の無い転換作業は多分見ごたえ十分でしたね。舞台装置も大がかりで動作しました。オケの皆さんもステージから、ピットへの移動、私たちPAチーム3名でワイワイ凄いスピードでケーブル巻いたり、モニターを片したり、私たちは大汗流して転換しましたが、楽しんでもらえましたね。

オケピもうっすら光り輝いて良い感じ。

さぁ2部の「くるみ割り人形」スタートです。

IMG_2360映像と音は一体感が大事って、私は思います。画の規模に対して、音がしょぼくても駄目、音ばかりが迫力で画が小さくても駄目。画に大して、音の規模は比例して行くものではないでしょうか。

今回の画、音は良い感じにシンクロ出来たように思います。

なんだかんだって、大ホールです。画もセットもバレエも迫力あるし、照明も素晴らしいです。音も迫力、質共にかなり追い込んだ作りになったとは思います。

AUDIXのマイクの質は良いですね。RODEも好きだけど、ADX51は良いすね。べりのC-2の中域限定の抜けも素晴らしいね。
F-9はドラム専用かと思いきや、単一指向性とは思えない指向性です。広いです。シロフォンや木、鉄琴全部拾ってました。しかも結構同じレベルで。感度が良いマイクです。ADX51よりもフラットでシルキーな音。万能マイクです。しかもローノイズ。
IMG_2369フィナーレです。みなさんお疲れ様でした。

バレエの最後の方で「あ~終わってしまうんだな~」と思いました。長かった3日間でしたが、本番あっという間。楽しい舞台制作に参加できました。一緒に作り上げた皆さんに感謝します。

フィナーレはオケの皆さん、歌の皆さんも上がります。こうやってみると、N○K紅白歌合戦みたいに見えますか?

またこのオケピとバレエの企画は実現してほしいですね。毎年の恒例とか良いかもしれません。期待してますよ石井先生。

総合演出と主宰の石井先生、お疲れ様でした。次はプロジェクター行けますかね・・・

文化会館のスタッフの皆さん、佐々木さん、日景さん、きりたんぽFM安保君、本当にお疲れ様でした。毎回これだけ我がまま勝手なオペに付き合ってもらっちゃって・・・すいません。ありがとうございました。

数年ぶりに友達とも会えました。お互いに大きく盛り上がる訳では無いけど、凄く嬉しかったです。僕にとって少ない友達と呼べる一人です。

あ~いい舞台だった・・・。しばらく引きずりそう・・・。


来週またやりませんか?なわけ無い。
そだね~(しつこい)


ちなみにこの日の夜は打ち上げには参加せず、倉庫で機材片づけ後、家飲みしました。すげー飲みました。正直3日間、毎晩飲んでました。

やっと、寝付けました。

ではまた!

へばな!
mixiチェック

IMG_2332おはようございます。いよいよ当日を迎えました。

午前中は準備をしてゲネプロへと進みます。ゲネプロってのは、リハーサルのように止めたり、指示を出したりしながら、作りこんで行くのではなく、本番通りの進行で、一切を本番通りに、衣装も全て本番通りに行うものです。

照明や舞台装置に細かく修正が加わり、大変ですね。

音響チームは・・・この時間は何もすることが無い・・・時間です。


IMG_2334いよいよゲネスタートです。1部の「大いなる秋田」ですね。昨日のリハで追い込みきれない所はここで、しっかり作り切ってしまいます。そして歌い手も昨日のリハーサル出来なかったメンバーも増えましたので、モニターのSX300も会館から借りて1台増やしました。

QSCのPLD4.2の2Ω駆動です。イケますね。

別チャンネルも考えたけど、ここで別のモニターMIXを作ってる時間も無いので、出来たMIXにSPを足すって感じですね。

IMG_2335ゲネも順調?に進み、2部の「くるみ割り人形」へ

いまんとこ、問題無なし。なんとかここまでまとまったかな~て感じですかね。

オーケストラピット無いのマイキングは位置は結構変わりました。C-2も1本増えました。

表からも多少出力する事にしました。輪郭と広がりを持たせる感じです。あとは低域のこもった感じの修正ですね。

IMG_2341ゲネがおわり、修正のリハーサルです。

あと1時間で開場です。

素晴らしい内容です。僕がお客様だったら、十分満足です。大館でこれだけの舞台を作れるって凄いですね。

IMG_2346ピット内の大館ウィンドアンサンブルです。

カッコいいですね。ただ客席からはあまり見えないのが、少~し残念。

でも凄く質の高い演出です。なんでも生ってのが良いのかもしれません。

昨日から楽器の配置、変わったのが分かれば凄いですね・・・




IMG_2347開場に備えます。あと・・10分です。

10分無いですね・・・

1部の準備します。音響チームはモニターやマイクのバミリやSPやマイクに着けたテープなど全て取ります。

モニター、マイクの最終の回線チェックをして終了

IMG_23512分前です・・・
皆さん、がんばりましょう!

IMG_2352今一度美しいか・・確認。いいすね。
マイクは全て定番。57とβ57です。見た目と音のバランスと抜けですね。後にオケを背負ってますので、当初、コンデンサーをプランニングしましたが、これに落ち着きました。結果は満足です。沙良さん、かほりさん、大館ジョイフルシンガーズの皆さん、素晴らしい個性の豊かで、実力のあるボーカリストさんですので、十分に安定した声が得られました。

IMG_2353大丈夫。








さぁいよいよ本番です!

mixiチェック

IMG_2233本日の現場は某市内の中学校

明日の卒業式のサプライズLIVEの仕込み

はい・・ダックスムーンがこの学校に送った曲があり、毎日放課後に流れている曲を、卒業式に一部の先生以外には知らせていない状態で、サプライズで出演するという企画。

前日の今日も生徒が退校後、極秘で行われた・・・

IMG_2236ステージは最後の終礼後、幕を閉じ、サプライズ紹介後ダックスムーン登場までのおよそ3分弱で準備するという。何度か先生方にも手伝いしてもらいリハ。

変な、緊張が・・・。

IMG_2235急遽、学校側から1曲ではなく・・・という要望で一応、アンコールも。まぁ主役は卒業生だし・・どうなるか・・・

中間ほどに学校ピアノがあるので、これで「友達の歌」をリハ。

つまり・・・ステージ2カ所を仕込む感じ。けっこう大変。両方に同じセットをくみました。

ピアノは・・

IMG_2234中にバウンダリを投げ込んで集音。

これがね・・良い感じで大成功でした。

なんせバレ無いよう・・・終礼までは何事も無いように・・・。

しかし私の卓はこのピアノの壁側に。


明日は一応、講師な感じでスーツ着ますね。

IMG_2241で、次の日。学校へは7時に入りました。保護者や来賓、子供らの中には多くの知り合いが居るので、私が音響でいると、怪しまれる・・

なんか楽しい。

吹奏楽の先生に怪しまれながら、誰も居ないうちに、サウンドチェック、ギターの電池変えなど、一連の作業をしました。あとは風景に溶け込むように、座っていること。卓の機材等は・・

IMG_2242黒のクロスをかぶせて、何が上がってるのか、わかないようにしました。

楽しいですね〜

ただし、このすぐ後ろが、生徒席。

生徒が入場すると「誰?このおっさん」ってヒソヒソ・・・雰囲気。

あとは時間が過ぎるのを待つ・・・

IMG_2246順調に卒業式。

PTA会長もつきあいの長い彼。挨拶聞けて良かった。じょうずでした〜。

どんどん進む、卒業生の挨拶などでは、ついつい、もらい泣き。なんで泣いてんだ俺と思いながら

すごい緊張感。

おもむろに席を立ち目立たないように、バックステージへ、先生方とスタンバイ!いよいよです。
IMG_2247 
じゃじゃ〜ん!お〜間に合った・・皆さんステージに注目の合間に、ピアノ近辺のマイク、モニターを作ります。

結構な反響で盛り上がりますね!感動で泣いてますよ!良かったです。音も非常にまとまってます。ここの学校2階に体育館なんですが、頑張って機材上げた甲斐があります。2日間手伝ってくれた先生方も大喜びです。ありがとうございます。

サプライズも良いね。
IMG_2247-
良い曲です。(曲名は学校が特定になるので、ここではあえて言いません)

久々のQuでダックスムーンは、勝手が違いあせる。GLD持ってくれば良かった。

非常にクリアで圧もある。ZX5は良い。

IMG_2248そして予定通り・・?アンコール。

「友達のうた」へ。生ピアノと歌のみですが、なんか凄い迫力でしたね。三浦さんも木村さんも良い感じに力入って、音も良かった。3人して・・・「いや〜緊張した!コンだけ緊張も、今まで、ね〜な!」
そだね〜・・・

終わると、楽しかったな〜って思えるね。たった2曲だけど、LIVE1本分な体力消耗。お疲れさま!

皆さんご卒業本当におめでとうございました! 

今日の機材はQU-16、AR2412,AR84,PLD4.2、SX300、ZX5-60、SS−CDR200 
mixiチェック

IMG_2200藤里でのLIVEのリハーサルです。

ここはお馴染ですが、卓がステージ正面の後方の演台に組めるので見晴らしが良いです。そして毎回に近い位、撮影の宮嶋さんが来ます。今日はカメラ5台!HDカムですよ!文化会館レベルの映像が撮れてるかも!で、私も音をしっかりレコーディングするって訳で・・・


実は・・・おいまたかよって言われそうですが、結果的には後日確認しましたが・・結果としては失敗しました。色々設定の1か所間違い・・・ライブは駄目だね。オペに集中しちゃう。macとかいじってる余裕が無いというか・・・駄目な僕。
IMG_2196
リハ進みます。ファンの方にお見せしたいほど、ダックスムーンリハは楽しい。もちろん本番は最高なんですが・・・リハはね、まぁ・・・面白い。

リハに関係ない曲も飛びt出したりする事もあるしね

私もファンの一部なんで、たまらない時間です。

今日はZX5を1対向で、スッキリした表音です。これがね、良かった。今日は今までの中で最高の藤里LIVEになりそうです。

卓側でもすでに、気持ち良い音は、お客様はたまらん音には出来たと思います。熟カレーです。加齢じゃないす。
IMG_2197
こんな感じで従兄か兄弟のような4人。

真剣ですが、ジャレてるのか、ワイワイ。

でも、3曲位してくると、音がね煮詰まってくる、不思議なグルーブ感。私の腕もあるけど!?リハ1曲目はお客様には聞かせられない感じ。演奏力ではなく、グルーブ感っていう部分で。

あうん・・っていうかね。そこに、音響も不思議と混ざって行くんです。一緒に煮込まれて行く感覚ですかね。

だからねリハ不思議と良い時間なんすね。
IMG_2206いよいよ開場です。

多くの皆さまがどどど~っと入ってきました。

コーヒーや食べ物もあるんで、なんか良い雰囲気です。
卓周りの電源と同じ回線に、電気ポットやコーヒーメーカーなど高電力ものがあるんで・・不安ですが、本番は使用しないって事で、まずは一安心。

その前にブレーカーが落ちない事を祈ります。やっぱ分電から引いた方が良いかもね。

来年はそうします・・藤里の皆さまにはご心配かけました。
IMG_2210
LIVEスタート!

いつも通り、歌までしば~らく、MCが続きます!

見た事ない方は是非聞きにきてください、十分笑えます。もちろん良い音楽も聞けます。

1曲目はデビュー曲「夜明けのヒロイン」

良くいつからデビュー?って言われますが、有料CDが出た時点でプロな訳で多分そこがデビューですかね。十分に最高のプロです。

木村氏のギターソロも良い感じ。
IMG_2214
後でこの日のライブの音源を聞いてて、今回は音は良いけど、ちょいとクドイほどディレイをやり過ぎました。ツイツイ、音質ばかり耳に入るのですが、最後までディレイに飽きた。

リバーブな場所でもロングディレイ・・・あれは、いらんな・・・とか、ここはRevのみで良くないすか?とか。

次に活かしましょう!

「粉雪」は冬LIVEの定番で2日連続ですが、最後のサビ前のピアノSOLO付近のアレンジ。あれヤバいっすね。鳥肌ですね。そういうアレンジやコード使いって、簡単そうで、そうは出ないアイデア。木村氏のセンス恐るべし
IMG_2218
アンコールの「With your smile」

もうこの光景は何百回見てきたのかな・・。お客様もそうですが、分かってるけど、盛り上がる。そういうBANDのお約束の曲とかって、ダックスムーンは多い。普通は1曲か2曲。と思います。

完全アウェーな県外でも、この光景に持って行く。予定通りでは無いはずな時もあるはずですが、こうなる。凄いとしか言いようが無い。ついついメインの音量も上げざるを得ない。

IMG_22101セットリストでも「藤里物語」は演奏。ですが、アンコールの最後にまた「藤里物語」

三浦氏もMCで言ってましたが、この曲は本当に藤里の色になったし、この曲を聞くと藤里を思い出す。

音楽の力って言いますが、本当に力になるのは、その曲から、その土地や出来事を想えることのような気がします。復興ソングとかも多く存在しますが、そういう風にその時、その場所を、思い出せる曲って、何曲あるのか?って考えます。音楽の力って本当はすごく大変で、それほど大した力になる事って、実は少ない気がします。

「藤里物語」は音楽の力を感じられる、その数少ない名曲の1つなんだな~と、思わされました。

今回のLIVEでは文化会館での30周年LIVEDVDの発売もありました。宮嶋さんの今日の映像も欲しいと思わせる良いLIVEだったす。ちなみに卓からの直の音源はバッちグ~でした。オカリナの音も良い感じです。

今回もSX300、ZX5-60、QSCのPLX3602、PLD4.2です。そしてSHUREの58!今の私の音のベーシックですね・・・どこもそうか・・・。

SX300のモニターに関しても実は今回からEQプリセットし直してます。ほぼフラット。もちろん回り込みやハウリは多少抜きますが、それ以外は不用意に切ってません。全体の音の厚みもなるべく落とさないようにはしました。

長年SX300ですが、カットし過ぎて、ただ全体の音量が下がっていくだけのEQカーブになりかけてきたので、自分の耳の確認も含め、一切をフラットで始めました。もちろんZX5のハウス側もです。したら、かえってスッキリした。あれほど耳障りなとこ抜き切ったと思ってたけど、結局ハリもコシも失っていましたね。それもあるのかもしれませんが、先月のハチ公ガールズのLIVE以降一度全部やり直ししてきました。

藤里LIVEで完成に近いかもね。実際1対向で、昨年まで2対向でも出しきれなかった、広さに対してのハウス側の音のマッチングが出来たと思っています。そもそもの疑問は実は昨年の30周年LIVEからだったんですが・・・あれはあれで1つの自分の完成形でしたが、同時にいろんな音に対して疑問も抱えてました。

HX-7を導入後、SP自体では解消したような気がしてましたが、アンサンブルになった時の濁りって、中々払拭できないままだったような気がします。

多分また来年は別の事言ってるかもしれないけど、毎日音を追えるのは幸せな事です。多分完成は無いかもしれない。から・・辞めるのは、出来ない宿命なんだな

最近はブログっていうより、報告書やレポートみたいになってきました。ごめんなさい。

長くてクドイ時は、読まなくて良いすよ(^u^)ほんと、公共のNETを使った、自分の日記をつけて満足してるようなモンだから。勝手に個人的意見を書きまくってるだけなので。いつかボケた時に、自分が思い返す用の保管場所ですよ。まったく、こまった中年です。

そだね~・・・

またね。

へばな~!
mixiチェック

IMG_2164お客様大入りでライブスタート!


とりあえず用意した椅子では足りなくなりました。凄い。


歯に・・ちなんで、1曲目は「ハチ公物語」

歯には犬歯、ありますよね・・・という事です

そだね~

リハ通りの音圧です。声で押します。木村さんのピアノには、ティッシュがのっかってます。

IMG_21671部は4曲ほどで終了。

直ぐにトークセッションへ。小笠原先生登場!小笠原さんとは、私もPTAでは一緒に大館、北秋田の理事も務めました。何かと仲良くさせていただいてます。私よりも若いのですが、素晴らしい大館の財産です。尊敬してます。そうそう余談ですが私の恩師の先生の娘さんが奥さまですね。そんな話でも、盛り上がったりしましたね。

ダックスムーンの御二方はどちらも小笠原先生とは良く知り合いの中ですね。笑いあり、楽しい歯についての、トークでしたね。

ココではワイヤレス4波。サウンドピュアです。トークには特に会うね。このマイクの特性は。
IMG_2169その後はプロジェクターを使い、小笠原先生の講演となりました。

この人すげ~な!なんて思う経歴に私も驚きながら、聞いてたら、講演中のPTAの話で、「そのせつは近藤さんありがとうございました」と来ましたが、お客様はなんのこっちゃ?だれ?って感じですね^_^;こちらこそ、大変お世話になりました。

みなさんちゃんと集中して聞いてました。面白かったし。

でも、小笠原先生ずっとスピーカーの前で講演するから、ずっと集中してました。良い緊張感ありがとう。


IMG_2173後半LIVEスタートです!

実はLIVEと講演では転換がありました。パーカッションは一回ハケ、マイクも一度ハケ。で、間髪いれずスタートなので、結構総出で入替します。

今回のボーカルサウンドの変更としては、ディレイでしょうか?表に残るディレイではなく、声の定位より後に聞こえるような定位のディレイの音にした事ですかね。奥なのにクッキリさせて、より奥でなる感じ。そうすることで効果も綺麗に分かるのですが、表の声にの直接音に邪魔しない感じ。とはいえまだ実験途中なんですけど。リバーブだけだとアンサンブルでボヤケテしまうので、最近はディレイの方が登場回数がふえました。

IMG_2177さいごに「With your smile」です。

RTAによる追い込みは今回は無し。視聴覚上での音を追い込む作業って言うのが今年のテーマにしましょうかね。

やはり人間が聞く、心地よさと、データによるバランスの音では、多少違って聞こえる気がします。

両方の良さは生かしつつですね。

でも中央公民館、イケますね!LIVE向き!って書いたらヤバいすかね。でもね、凄く良かった。照明もついてるし、広いし。

さぁ次は藤里ですね。
mixiチェック

IMG_2152

「大人の歯を語ろう!!」と題しての小笠原歯科医院の小笠原正卓先生とのトークセッションとダックスムーンLIVEです。


大館の中央公民館です。会場のホールが2階なので搬入は大変です。

高砂さんが遅れて到着ですので、パーカッションの組み立てをメンバーが・・・しかし・・・中々複雑らしいのか・・・ずっ~と組みたててます。だんだん楽しそうなメンバー。そだね~

IMG_2153会場はこんな感じです。テーブル等は撤去らしいです。キャパ250。実は音響効果が良いです。反響が少ない。

恐ろしいほど・・少ない。

IMG_2157卓は、広い会場で後方に設ける事が出来ました。早速卓とmacを立ち上げ、リハしてきたDanteでレコーディングの段取りをしますね。ちゃんとリハすれば、ちゃんと答えは出る。ばっちりですね。

明日の藤里でのLIVEの前に今日は本番同様にレコーディングします。32チャンネルマルチです。と、言っても実質は20チャンネル位です。

IMG_2155ステージをみると・・まだ・・・絶賛パーカッション作成中!と言う感じです。なんとも面白い。

実際に高砂さんが到着後、それほど手直しなしでしたので、良く出来ました!って事ですね。おつかれさま~


仕込みとしてはLIVEは前半、トークショーや講演を挟んで、後半と2回のステージとなり、結構たっぷりなLIVEになる予定ですので、通常と同じ仕込みです。

IMG_2158リハ開始。

今回から自分の音を置いていく作業手順を変えました。というか、うまく伝えられないけど、ライブ来られた方、もしかしたら気が付いたかもしれませんが、全体がクッキリしたと思います。自己満足の域かもしれませんが、ちょっと色々やりました。

僕的には音をうまく行くと満足です

実際には・・声ですね。

ダックスムーンを5年間オペして、やっとここまで出来たって・・まだまだ、やれることが、あるんだよね。
IMG_2159今回の卓周りです。GLD112とTASCAMのSS-CDR200とmacのみ。

なんかシンプル。

ステージ側に今回のトークショー用のワイヤレス4波とパワーとマルチのAr2412

メインはZX5の1対向。1対向システムに慣れたました。1対向の方が音を締めやすい。運転しやすいというの?

そだね~

IMG_2162リハも進みます。ダックスムーンの皆さん、今日のリハと・・・既に明日のリハもしています・・・

若干カホンの音がまとまらないままでしたね。高砂さんも言ってましたが、後でおもうと、ステージの下が箱ステージなので、多分ステージの箱がエンクロージャー的な役をしてしまったかもね。という事ですね。きっと。

あとはモニターして、ふと思いました、カホン自体も熟成してきてるんだな~と。木だしね。毎回あれだけ叩いてますからね、音に年輪が出来て当たり前ですね。

始めてカホンをオペした時とは、別物です。高砂さんの演奏はもちろんプロフェッショナルだと思いますが、楽器自体も、厚く響く音に、なるものなんですね。

さぁいよいよ、ライブだね~
そだね~

すいません・・・。

mixiチェック

↑このページのトップヘ