IMG_0929ダックスムーンの久々のライブです。釈迦内小学校体育館での開催です。結構大きな会場で、多くのお客様が来ますね。

来週はいよいよ本場大館きりたんぽまつりの本番ですので、今日はいろんな意味も含め、満を持して、TOAのHX-7を導入です。

現場ベースでの音出しが出来てないので、ぶっつけ本番よりも事前投入というわけです


 IMG_0936EVのサブウーファーにスタック。

中々さまになってる。見た目はOK。


EKX15SPとのマッチングが気になりますが、100Hzからカット。







IMG_0938奥行きもあるし、相当な反響もあるので、良い感じのテストになりそう。

とりあえず結線は完了。



アンプはQSCの3602。このマッチングもいかがな物か・・・。




 IMG_0932まずはピンクで。


なるほど、良い感じに前にある感じの音。

なんかバランス良さそう〜








IMG_0931見えますかね〜

EQカーブですがザックリフラット作っていくとこんな感じ。ZX5とはまったく違う。ZXほどカットする周波数も少ない。結構フラットなSPと言うのが分かる。さすが。小型なアレーだが、100Hzまでもしっかり出る。ロー無しでもそこそこカバーできる。


そこにウーファーでローを足す。反響も含め63hz以下はずばっとカット。

IMG_0934角度はこんなんで決まり。

ドライバーである意味簡単に角度も決めれるのは良い。下のユニットで45度くらい。

これでリハに入りました。さてZXでやり続けた耳にどうくるか。






 IMG_0940ヤバイ。すごい素直な音。耳障りな高域も無く、中域もガッツリ食いつく感じはZX5を相当凌ぐ素晴らしい音です。感動〜。小さいから馬鹿にしてましたが、これは野外も十分いけますね。結構な音量でも余裕がある。ZXなどで回り込む160hz周辺も、まったく問題なく、逆に厚みもあるツヤもあるSP。恐るべしHX-7。これ3段12ユニットあればFESもいけそうなレベル。1セット4段で1対向ですが、この広さは余裕。

楽器の音の分離が素晴らしいから耳障りな感じは無い。もちろんハウリングも無い。あおっても無い。

IMG_0941リハも終わり、開場。生徒や保護者、先生方、一般のかたなど、体育館の廊下に行列。すごいダックスムーン人気。

今日のお客様はラッキー。今まで以上のサウンド聞けますよ〜状態の僕。一番楽しんでるのは、多分僕。

スタッフのかたにこのサイトを楽しんでくれてる方がいて、凄く嬉しいです。ありがとうございます。


IMG_0943開演です。子供らも元気で、演奏と子供らの歓声で賑やか。子供はコレくらいが良い。元気が一番。

ダックスムーンのLIVEは8月のいとくLIVE以来。

やっぱ素晴らしいです。今年はもしかしたらNEWアルバムあるらしいです。また35周年の締めくくりで大きなLIVEも企画中らしい。楽しみですね。

「はらり」含め多くの新曲だらけでNEWアルバムには期待が膨らみます。また35周年のLIVEDVDも発売予定です。内容は35周年の文化会館2DAYsLIVEです。映像製作の宮嶋さんの事務所でザックリ一部を見ましたが・・・最高です。宮嶋さんの撮影システムがハイビジョンなんで・・僕は出来ればブルーレイバージョンで見たいですね。
IMG_0947今回は三浦さんがワイヤレスで開場におります。

開場の子供らやお客様を巻き込んだ、歌を一緒に歌うという企画。盛り上がります。










IMG_09486年生が肩を組んで歌うシーン。いいすね。感動。

音に関しては、二人のギターの部分も混ざらず、分離がいい。しっかりそれぞれの音が存在します。そこに高砂さんのパーカッションが絡む。特にカホンの音も相当今までと違い、ローと高い部分の分離が良い。BASSのJu-keiのスラップとローの太さがアンサンブルした場面も、ローで他の音を潰さない。

まだまだラインアレーの性能を出し切れてないと思うが、十分HX-7の良さを堪能した。

IMG_0949 いつもながら総立ち。

演奏中もHX-7の色々はつかめました。いつもダックスムーンの演奏は毎回変わらず、ハイレベルな音を入力出来るので、多くの比較が出来る。









IMG_0950ダックスムーンが見えないけど、演奏にあわせて子供達が合唱。

楽しかったです。




お疲れ様。