IMG_9892久々のギターネタ。ご存知、Orville by GibsonのGTです。なんども言いますが、Gibsonのスタンダードやクラシックのゴールドはビュリオンゴールドなど薄い色按配ですが、こいつは、カスタムショップのヒストリックと同じアンティークゴールドつまりAG。濃い金色ですね。相も変わらず良い音。良い色。1988年製ですので、30年近くなります。既にヴィンテージクラスのギターです。おそらく最近では見る事が少ないので、大分レアなギターになりつつあります。






IMG_9921最近ギター仲間入りしたのは、ギブソンclassicのなんと・・・1992モデル。って言ってもどういうモデルかは、分かる方が少ないかも・・。まぁ創りも良いし、音も良い。クラッシックなのに、ヘッドはclassicではなく、modelとなってるのです。他の特徴は木材の関係がほぼヒストリック。

classicシリーズの最初期モデルであり、ヒストリックシリーズ登場前夜の商品で、ヒストリック最初期と同等とも、実は言われるギターなんです。中々面白い実話?推理?が記載されてる記事があるので、興味があれば・・・
ここから参考にしてください。面白いですよ~

是非クリック!


IMG_9943この時期のclassicは現在のノーマルやプラスなどの区分けが無い時代でしたが、現在のプレミアムプラスのような木目が良いのには、とりあえずピックアップの中に区分けしてたようですね。

個人的に木目も線のようなメイプルのトラ目はあまり好きではないのですが、ウネリのような物や太いもの、霜降りなような木目は中々無い、たまに現れる中古です。

しかも1992年式。こいつは世界的にも数が少ない個体の1本ですね。

前オーナーがネックの補修をしたらしい跡はありますが、プロのリペアで状態は素晴らしいと思います。












IMG_9946キャビティ内は普通。コンデンサもスタンダードライン。

肝心のサウンドですが、搭載のPUが500T系のPUなため、僕の好みでは無い。いずれ57classicのサウンドが好きなんで、交換するかもしれませんね。

ゴンゴンした音。フロントPUのトーンはさすがギブソン。

オービルのゴールドは57classicですが、木材などの関係で明るい音に仕上がってます。サスティーンも伸びる。ギブソンは伸びない。

弾く側の指次第。

レスポールとMarshallは定番だが、個人的にはPeaveyのclassicとの組み合わせが気持ちいい音。あとは、私のストラトの、Fender Vintage classicですが、これとPeaveyのclassicも最高です。Charな音になります。