IMG_8884Danteカードインストール。ALLEN&HEATH代理店のエーティーエルさんとやり取りしながらでしたが、無事にインストール完了。


Danteで何が?って?まぁなんでも行けますが、今回の目的はマルチレコーディングシステムの構築です。USBなどでは、同時録音チャンネル数や安定性など、どうしても、色々と制約があって、不安要素がありましたが、Danteはネットワークケーブルを使って、まぁウチの場合は32チャンネルの音声を伝送してくれれば良いのですが、それを割と簡単に、構築してくれるシステムです。ミキサーとMacをネットワークでつないで、LAN経由で32チャンネル送れるって事です。

IMG_8876GLD側はI/O画面でDanteに送るチャンネルのインプットを設定しておく必要があります。これはチャンネルごとの設定とはリンクしていないので、それとは別にとなります。

これにたどり着くまで大変でした。Macにチャンネルは割り当てたのに、音が来ない・・・って、3日も悩んでました。マジです。あほでしょ?。

Dante来てから1カ月。毎日Danteの事ばかり。ディズニでもDante・・・

頭の中でMacの画面とかGLDの画面が出てきて、頭の中で・・・色々構築してるのである・・・
頭いて~ビール飲もう。
IMG_8874Macちゃん側にDanteの画面でチャンネルの割り当てをしていきます。これでDTMそふとにちゃんと音がきます。今回はStudioOneで録音予定です。こいつソフトの負荷が軽い。Logicも考えたが・・・持ってるので良いかって事です。WAV化した録音ファイルが32チャンネル分入ります。ちなみに32チャンネル同時にライブ2時間録音すると、1チャンネル1時間でおよそ600MBとすると、×2×32で、38,4GBと言うことになります。

フリーズしないで行けるのでしょうかね~。大丈夫らしいとは聞いてますが・・いささか不安。今後色々検証して行きましょうかね。また・・勉強。

一生、勉強って出来るものですね。

IMG_8879ちなみにデジ卓なのにWi-fiなのにiPadも3台もあるのに、ワイヤレスで使わない僕でしたが、いまさらですが、つないで驚き。GLDのAppもRTA出るんだね・・・。へ~・・・。なんか嬉しい。ワイヤレスでiPadもって仕込んだりしないもので・・・

しばらく、iPadでウニウニ、動かし、モーターフェーダーも動くので、楽しんでる僕でした・・・。







IMG_8883雪も無く暖かい日々ですが・・・倉庫は寒い。

既に色んなリハーサルはココで組み上げますが、今年はダックスムーン35周年はもちろん、バンド系や大きめのイベントも入ってるので、今から、準備出来る事は始めてます。準備命なので。

それでも失敗したり、不足の自体が起きるのです。なんぼ準備しても、十分な事は無いです。

やっぱ現場やって、ナンボです。だから準備なんですね。










IMG_8881お~RTAちゃんと出てる。あっ・・・みなさん知ってました?・・・なんか俺って、まだまだ使いきって無いのね。ってことは、まだ楽しみがあるって事で。

またウニウニ動かしてる。外に出て、どこまで動くかやってるが・・・・・・・って!

ミキサー見えないのに・・・わかんね~だろっつうの。俺ってバカですね。アホなアラフィフでした。