gf384fg0hhgsld (1)ここ最近出番が増えたエレクトロボイスのEKX12PとEKX15SPです。両方パワードで、内蔵のDSPで多様なセッティングが出来ます。

実はまだまだ試行錯誤中ではありますが・・・およそ、このSPの感じは分かりました。また今後はどの現場に持ってくかは、なんとなく決めてます。色々試していきます。

ウチのセッティングはノーマルです。ちなみに、プリセットセッティングは、ModeでMusic / Live / Clubの3つ。まぁ徐々にローが膨らむ感じ。あとはLocationでNormal / Cardioidがあります。あとはクロスのセッティングでSubwooferで80Hz・100Hz・120Hz・150Hz・EKX パワード・ELX パワード・ZLX パワードという感じで組み合わせで選べます。

なんで、いつも15SPとはEKX12Pしか組み合わせないので、基本は同じ。前にもいろいろ意見をさせていただいてましたが、12Pは12インチとしては、かなりの使い回しが出来ます。低音も出るし、12インチならではのクッキリ感も出せますし、重量も軽い。しかも・・・積めます。ZLXみたいな斜めのラウンドでもなく、ZX5みたいに丸くもなく、ELXのようにフラットに作られてるので、積めます。
gf384fg0hhgsld (4)サウンドはELXに近い。ZLXのようなドンシャリぽくない。しっかりEVサウンドです。パワードでアンプの音もマッチされているので、しっかりしたサウンドで、効率も良く、低燃費で大音量。

12インチとしては、低音は相当出ますが、EQなど卓では、やや厄介な回り込みなど、やりにくくなる場面もありました。その場面にあうMODEを選ばないと、やりにくい。で基本はMUSICからはあまり動かさないで、GLD80側のEQやDSPで音を作りますね。


15SPですが、予想以上の低音が出ます。18SPの方が持ち運びが可能であれば、お勧めですが、私は一人でも楽々運べる15SPにしましたが、正解。軽い。

ソーランでの爆音。良かったです。凄いですよ。
gf384fg0hhgsld (2)
音はね、その分締まった感じで良いかな~って思ってたけど、18インチ並みに50hz以下もきますよ~。しっかりお腹をノックしますね。十分です。

パワードで配線はスピコンケーブルが減り、マイクケーブルのみ。長い距離に関しては、マイクケーブルの方が良いでしょう。

電源ですが、12Pと15SP二つでも10A食ってないんじゃないのかな?フルテンでパンパンに出してないからかもしれないけど、表示上は、まず食わない。


gf384fg0hhgsld (3)思いのほか表よりも、裏にも回り込むEKX。まぁ価格相応ですので仕方ない。ラインアレーのように、演者側にまったく回り込まないSPなら、相当モニター作り安いのですが、そうは問屋がおろさないのが、このクラス。先日のいとく催事場では回り込みでモニターのローがつかみにくくなった。

どんどんモニターの音量が欲しくなる症状です。

SPは金額と重さが重要。音質は何とかなっても、やはり他は価格相応です。ZX5の方がまだマシ。

が、出音は間違いなくYAMAHAのそれ系にも負けてないし、さすがエレボイでしょうか?

キャスターに上げたままでもちゃんと抜ける辺りの音作りも素晴らしいと思います。

gf384fg0hhgsld (5)箱がしっかりした小屋であれば、ある程度無理押しも出来る性能です。また野外でもしっかり低音が飛んでいきます。言ってみれば、信じられないほど出ます。

おそらく・・・中ホールクラスでも余裕で無いでしょうか?

15Pと18SPの組み合わせであれば、到底想像が付きますが、なんせ15インチのフルレンジよりは12インチの方がメリハリが付く気がします。ZX5の15インチのフルレンジ出力での感想ですが。

両方4発で40万以上の価格ですから、安いとはいえちゃんと作られてますよ。

この15SPにZX5やSXなど組み合わせてみたいとも考えてますね。不格好でしょうがZX5との組み合わせは案外ヤバいかも。

アイドルのLIVEで片方しか鳴って無かった事件でも、1本であれだけ出せたのです。恐ろしい。

12P単体使用はかなりお勧めです。しっかり飛びますし、何より既に1200Wクラスの専用アンプ内蔵でこの軽さは、最高です。SX300との音の差は・・・別物と思ってください。SXは中域用のSRスピーカー。EKXは音楽用SRとでも言いましょうか。ZX,SXはTHE PA!ですがEKXは音楽的です。素敵な音のEKXだけだとお腹いっぱいになる。ZX,SXのサウンドは、自分の欲しい音を忘れずにいられる。そんな位置づけですね。

あくまで、私個人の見解です。あとは参考まで、いつか現場でご自分の耳で聞いてください。

好き嫌い好み、聞こえ方、聴き方はそれぞれです。口には・・・ださないように・・・してください。災いのもと。