IMG_0478しばらくブログさぼってました。
ごめんなさい。

しかし寒いね。雪まで降るしまつ・・・

今日なんてさぁ、5℃だよ5℃・・。
雨も降る中の陸上大会でしたよ〜

先週はアコのデュオでデビューしました
乾杯と浪漫飛行を演奏しました。
久しぶりのステージでしたが、まぁ盛り上がりましたね〜すげ〜楽しかったよ。
予定を一切言わず、いきなり司会も無視のゲリラ出演でしたからね・・・楽しかった。

まぁ4月は忙しいの最大級。金にならん忙しさ・・・でもなく、意外に商売はまぁまぁ・・なもんで、余計に忙しいのでした・・・。内容は、ありがちの会議とPTAと切り田んぽまつりと、陸上の指導など、更に懇親会や歓送迎会など夜はくたくた、ドームからの社会的イジメもありと、まぁバラエティに富んだ毎日で、テレビを見るよりも飽きない日々でした。

そんな時こそRUNです。膝の故障もナンのそのです。やはりストレス解消はランです。
今日も、娘の陸上大会と昨日は娘のマラソン大会とスポ少の指導者で走りっぱなしでした。

いよいよ来週は山田君マラソン大会です。がんばります。

コースはかなり走り込んでますので、ゴールはします。アミノバイタルとNewbalanceがあればなんとかなるさ〜 

画像からの話がそれましたが・・・

アンプにPLX1804(QSC)が仲間入り。

こいつも中古で入手ですが、届いて驚きは新品並に綺麗。音は素人でもわかる、良い音。
具体的には、P4500を超えたな〜と思った、MackieのFRSとの比較をしました。
直ぐにわかったのは、中低音から下の範囲の押し出し方が、色づけなのか分かりませんが、PLXの押しは相当強く、簡単な言い方をすれば、低音がハッキリ出る。しかも強く。

CDはTAK Matsumotoのアルバム「Strings My Soul」です。個人的に比較はいつもこのCDです。B'zやTAKのCDは他のCDよりも音圧やドラムのサウンドがかなりコンプが効いていて、音量自体が大きく、音の善し悪しが分かりやすいと思います。高域から低域までbalanceが良いです。

PLXですが他も、ギターのハモりやブローしたときの音の濁りが無い。というか、比べて分かったけど、MackieやP4500はPLXに比べたとき完璧に濁った感じがあったのに気がついた。

軽いP4500の3分の1。Mackieも軽いと思ったけど、これの半分の重さ。奥行きも25センチ。ハーフラックでいけます。1000Wほどの電力は食いますが、まぁ可変ですので、普通の業務には問題ないでしょう。
IMG_0477右のSPにMackie。左にQSCという繋ぎ方でも聞き比べました。音量が違うのかと錯覚するほど、中低域から低域、音のメリハリは凄く好きな感じでした。

スピーカーはZX5-60です。