Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。秋田県大館市で音響屋と電気屋の共栄電機を経営奮闘中!このブログは音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張る毎日です。

2018年03月

IMG_2164お客様大入りでライブスタート!


とりあえず用意した椅子では足りなくなりました。凄い。


歯に・・ちなんで、1曲目は「ハチ公物語」

歯には犬歯、ありますよね・・・という事です

そだね~

リハ通りの音圧です。声で押します。木村さんのピアノには、ティッシュがのっかってます。

IMG_21671部は4曲ほどで終了。

直ぐにトークセッションへ。小笠原先生登場!小笠原さんとは、私もPTAでは一緒に大館、北秋田の理事も務めました。何かと仲良くさせていただいてます。私よりも若いのですが、素晴らしい大館の財産です。尊敬してます。そうそう余談ですが私の恩師の先生の娘さんが奥さまですね。そんな話でも、盛り上がったりしましたね。

ダックスムーンの御二方はどちらも小笠原先生とは良く知り合いの中ですね。笑いあり、楽しい歯についての、トークでしたね。

ココではワイヤレス4波。サウンドピュアです。トークには特に会うね。このマイクの特性は。
IMG_2169その後はプロジェクターを使い、小笠原先生の講演となりました。

この人すげ~な!なんて思う経歴に私も驚きながら、聞いてたら、講演中のPTAの話で、「そのせつは近藤さんありがとうございました」と来ましたが、お客様はなんのこっちゃ?だれ?って感じですね^_^;こちらこそ、大変お世話になりました。

みなさんちゃんと集中して聞いてました。面白かったし。

でも、小笠原先生ずっとスピーカーの前で講演するから、ずっと集中してました。良い緊張感ありがとう。


IMG_2173後半LIVEスタートです!

実はLIVEと講演では転換がありました。パーカッションは一回ハケ、マイクも一度ハケ。で、間髪いれずスタートなので、結構総出で入替します。

今回のボーカルサウンドの変更としては、ディレイでしょうか?表に残るディレイではなく、声の定位より後に聞こえるような定位のディレイの音にした事ですかね。奥なのにクッキリさせて、より奥でなる感じ。そうすることで効果も綺麗に分かるのですが、表の声にの直接音に邪魔しない感じ。とはいえまだ実験途中なんですけど。リバーブだけだとアンサンブルでボヤケテしまうので、最近はディレイの方が登場回数がふえました。

IMG_2177さいごに「With your smile」です。

RTAによる追い込みは今回は無し。視聴覚上での音を追い込む作業って言うのが今年のテーマにしましょうかね。

やはり人間が聞く、心地よさと、データによるバランスの音では、多少違って聞こえる気がします。

両方の良さは生かしつつですね。

でも中央公民館、イケますね!LIVE向き!って書いたらヤバいすかね。でもね、凄く良かった。照明もついてるし、広いし。

さぁ次は藤里ですね。

IMG_2152

「大人の歯を語ろう!!」と題しての小笠原歯科医院の小笠原正卓先生とのトークセッションとダックスムーンLIVEです。


大館の中央公民館です。会場のホールが2階なので搬入は大変です。

高砂さんが遅れて到着ですので、パーカッションの組み立てをメンバーが・・・しかし・・・中々複雑らしいのか・・・ずっ~と組みたててます。だんだん楽しそうなメンバー。そだね~

IMG_2153会場はこんな感じです。テーブル等は撤去らしいです。キャパ250。実は音響効果が良いです。反響が少ない。

恐ろしいほど・・少ない。

IMG_2157卓は、広い会場で後方に設ける事が出来ました。早速卓とmacを立ち上げ、リハしてきたDanteでレコーディングの段取りをしますね。ちゃんとリハすれば、ちゃんと答えは出る。ばっちりですね。

明日の藤里でのLIVEの前に今日は本番同様にレコーディングします。32チャンネルマルチです。と、言っても実質は20チャンネル位です。

IMG_2155ステージをみると・・まだ・・・絶賛パーカッション作成中!と言う感じです。なんとも面白い。

実際に高砂さんが到着後、それほど手直しなしでしたので、良く出来ました!って事ですね。おつかれさま~


仕込みとしてはLIVEは前半、トークショーや講演を挟んで、後半と2回のステージとなり、結構たっぷりなLIVEになる予定ですので、通常と同じ仕込みです。

IMG_2158リハ開始。

今回から自分の音を置いていく作業手順を変えました。というか、うまく伝えられないけど、ライブ来られた方、もしかしたら気が付いたかもしれませんが、全体がクッキリしたと思います。自己満足の域かもしれませんが、ちょっと色々やりました。

僕的には音をうまく行くと満足です

実際には・・声ですね。

ダックスムーンを5年間オペして、やっとここまで出来たって・・まだまだ、やれることが、あるんだよね。
IMG_2159今回の卓周りです。GLD112とTASCAMのSS-CDR200とmacのみ。

なんかシンプル。

ステージ側に今回のトークショー用のワイヤレス4波とパワーとマルチのAr2412

メインはZX5の1対向。1対向システムに慣れたました。1対向の方が音を締めやすい。運転しやすいというの?

そだね~

IMG_2162リハも進みます。ダックスムーンの皆さん、今日のリハと・・・既に明日のリハもしています・・・

若干カホンの音がまとまらないままでしたね。高砂さんも言ってましたが、後でおもうと、ステージの下が箱ステージなので、多分ステージの箱がエンクロージャー的な役をしてしまったかもね。という事ですね。きっと。

あとはモニターして、ふと思いました、カホン自体も熟成してきてるんだな~と。木だしね。毎回あれだけ叩いてますからね、音に年輪が出来て当たり前ですね。

始めてカホンをオペした時とは、別物です。高砂さんの演奏はもちろんプロフェッショナルだと思いますが、楽器自体も、厚く響く音に、なるものなんですね。

さぁいよいよ、ライブだね~
そだね~

すいません・・・。

IMG_2136GLD用のDanteカード。これQu-16、1台より高いんです・・いまはQuの方が高いかな?まぁソンくらい高いカードをオプションしたのに使わずじまい。その・・赤いやつね。

じゃぁ使うよ!って、すっかり使い方忘れてるので、今日は吹雪で暇なのでDanteの1日としまして、一人勉強。倉庫は寒すぎるので、家の座敷に機材をちらかして、やれる事を全部やる。学ぶ日ですね。

既に結線自体どこだっけ?の状態。ついでにIPadのAppも設定する。
IMG_2129 なんぼやってもiPadのGLDのAppがだめ。色々しらべると・・・Appが勝手に最新バージョンになってたため、GLDもバージョンを最新にしないと駄目らしい・・。良かった家で。即効ダウンロード。即効アップデート。

1.51から1.6へ

案外、すんなり。色々出来たんで、良かったかもね。家で。じゃぁGLD80ももって来れば良かった。

IMG_2135じゃ〜ん。iPadでもGLD!

まぁ・・・いまさらすか!って言われてそう。

いつか使えるでしょう。って位、使うか分からないけど、なんか嬉しい僕。うへへへ・・・

さぁさ、本題のDanteへ。

 IMG_2137結線した。

AR2412に8chマルチケーブルを2つさして、頭に58とかつないで行く。

本体にCD/SDとかつないで、割り当てていきます。

実質64チャンネル同時まで行けるらしい。





IMG_21331つづつゴリゴリしたり声入れたりします。

とりあえず全部に一度に音を入れながらテストする。方なんです。僕は。

IMG_2134MacのDante virtual Soundcardを起動して、レンテンシーなど
設定し、スタート押して、DanteControllerを起動。各チャンネルをGLDの各チャンネルに割り当てていく。

で、マルチレコーディングのソフトはプレソナスのStudioOne2(最近3になったよね・・)StudioOneをDanteの割り当てたチャンネルに割り当てる・・・。

とりあえずCDスタート!マイクでワンツー。

お!きてる!やったー!
IMG_2132
なぜか・・・定期的に音が途切れて、録音されてる。

ここから長かった・・・原因が分からず・・・macは最新でi7の2.6クワッド、メモリ16GB間違いなし。LANケーブルも取っ替えてみたり、GLD本体の設定も色々変えたり・・・駄目だ・・変わらない。ここまで出来たのに。録音まで出来てるのに・・・

DanteのYAMAHAのサイトにアクセス。よくわからん、Winの説明画面をながめてたら、1カ所ウチがチェックしてる箇所に、チェック入れてない。なんだか分からない部分だけど、その同じ環境設定にしてみた。

きた〜! 

すいません、なんかは分からないけど、とりあえず24チャンネル同時に、問題なくレコーディング出来ました。Dante優秀。USBでも、FireWireでも16ch以上は色々制限されるんですが、Dante優秀。

さぁこれでLIVEレコーディングいきまっせ!仕事下さい・・・(^_^;)
通常のレコーディングも行けますね。場所は何処でもレコーディングできますね。

DanteをGLD80に経由すれば、GLD112と双方で卓いじれるんじゃねーの?Danteカード高いから、もう買えないので実現はしませんが出来るならおもしろいですね。色々出来るね。モニター卓とFOH卓連動してオペできるね。 

GLDは無敵だね。確かに新型は進化してます。SQやdLiveやYAMAHAのQLやさらに凄い卓もどんどん出てますが、価格と内容と画面の大きさ、卓の重量。で!音。つまりウチ的、卓の費用対効果っていうんですかね?そういう意味ではGLD最強ですかね。 ・・・そうでもないかな。だって他は重かったり、値段が高かったり、画面小さかったりなんか、簡単じゃない。人数がいつも確保出来ればね、何でも良いのでしょうけど。

↑このページのトップヘ