Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。大館市の音響屋の共栄電機です。音響と電機で開業約40年の会社になりました。このブログは私社長の音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。

2012年12月

IMG_4689いよいよランナーズチームがスタートです!

発会&忘年会はちょ〜盛り上がりました

久しぶりに私も我を忘れ酔っ払いましたね〜

大事な長年使ってきたライターを無くしました

記憶が薄くなったのも何年ぶりかな・・。

みんな最高。女性軍が多いけどみんな走りますよ〜

いい年越しです。明日は大晦日。

みなさま良い年を〜

IMG_0193修理から戻ってきたONYX1640です。
デジミキからオールMackie化をめざし・・・それは冗談ですがONYXの良いやつを見つけまして、音響特機へ点検で送っていました。

先日戻ってきました

これで安心して現場投入できます。16チャンネルってのが使いやすいのね。ケース用意しなきゃいけないな〜

また金かかる

年末とお正月のイベント業務と機材貸出の依頼が来たので、時間のある今のうちに機材のプランをたててました。

雨もひどいし、今日一日は午前中に会社の年賀状 の作成し、
午後は空きました。

車庫で機材を散らかして・・・

まずはサウンドチェックして〜

さすがメーカー点検。出す前より調子が良い。
多少のガリは皆無。しかも綺麗になったし。今回は症状も軽くて、値段も軽かったし〜なんか得した感じ。
IMG_0187貸出用システムのフォニックとクラプロのアンプも鳴らしました。あっ・・・クラプロ・・変。

入力の信号にビリツキが
今年の夏の暑いのが当たったかな〜

あ〜ぁ。マジで。

TAKのCDでサウンドチェックしたんだけど、

久しぶりのPAで、聞き入ってた。なんかボーっとしてた。昨日は市内一周を走って来たから・・少し疲れてるかな〜。シャイニングストリートの下を走ってます。
天気との戦いだけどね。

EVのZX5-60はだいぶ煮締まってきた。良い音
YAMAHAのP4500にチェンジ

違う。特に下の音の厚みが違う。違うんだね。わかるほど。アンプも選んであげると、スピーカーの良さが特に引き立つ。

691328739221外は嵐です。外仕事出来ないし。以前から預かりの修理をヤッツケテいこう

フェンダーのVibrolux Reverv-ampです。多少ヴィンテージです。
クリーンが非常に太い。んにゃ、異常に太い。基本的にはビブラートとリバーブに特徴がある。

ノイズがのる症状で、ポッドなど交換。実はノイズの犯人はリバーブです。



9337332221前に修理した時はパワー管の交換と、入力のジャック、コンデンサ等の交換で、実はほぼ壊れていた状態から、完全復活。

もともとリバーブは調子悪かったのですが、今に至っては、動作していません。

お客さまの依頼でリバーブはカットすることにしました。流用パーツは手に入りますが、今回はノイズを極力少なくしたいという要望でした。




109636528またペダルも修理が必要だったので、OFFのまま踏めないように改良しておきました。


とにかくクリーンしか出ませんが、この太さは良い。

ギター側のボリュームで軽いクリーンから図太いクリーンまで行けます。これにオーバードライブ系のエフェクターで歪ませると、とても気持ちのいい歪みが味わえますね。

またディストーションまで歪ませても、潰れず、お腹がズンズンするほど、図太いへヴィなサウンドも意外に良いです。

最近のアンプではおそらく再現できない、基本のサウンドを作るアンプという考え方をすれば、非常に価値が高いアンプと言えます。
26598391827山野の正規輸入品らしいですね。

フェンダーならではの6L6のパワー管が太さを演出している、見本の様なチューブ構成です。整流管も使われているので、チューブアンプの醍醐味満載ですね。

修理後に試奏してましたが、時間を忘れてギターを弾いてました・・・・・あっ、ギター弾くの久しぶりだった。

古き良き時代の名器です。

DCIM1184某南側の東の小学校の放送卓の修理業務です。

教育委員会から学校、公共施設の放送設備などの修繕業務はどうやら、弊社と他1社位でカバーしてるらしい。

すぐに見に行き、見積もり。

さらには安い!請求が便利に思われてるらしい・・・この業務を承ってから、10年以上が経過しましたが、弊社の仕事の一環となってます。

最近はこの手の卓(20年以上)の回線セレクターが壊れるのが多い・・・。
DCIM1185大概はセレクター部分のアセンブリを交換します。意外にこの手のパーツはメーカーにあるので、助かりますし、結構な料金を頂けるし、良い仕事です。多少面倒ですが。

今回は、ソースの可変抵抗器(いわゆるボリュームフェーダーね)の上の回線セレクターがセレクトせれてないだけの症状です。

行って、触ったら治ってしまい・・・



あ・・・



治ってしまった。隣に先生いるし・・・

とりあえず喜んでくれたし、出張費だけはいただけるようです。

こんなもんが、多いっす。

これも知識があるがゆえ、とりあえず確認の手順でボタンを押しながら・・・確認して~って!たら、なおるし。

他業者はそれでもかなりの請求を出すらしいけどね~

↑このページのトップヘ