Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。大館市の音響屋の共栄電機です。音響と電機で開業約40年の会社になりました。このブログは私社長の音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。

2012年07月

DCIM0928週末は駅伝大会の音業務でした
商店街を横断する、大会ですので
スピーカーは宅を中心に左右150mの範囲に50mおきに設置。長いケーブルたちが功を奏しました

基本的にはZX5とimpulse200でこなしました。
ワイヤレスマイクをLine6のXD-V70でこなしました。レクサーの方のワイヤレスはデットが出やすく、さらには距離が出るとノイズが多少気になりましたので、Line6で行いました。音も流石ですが、デットが出なかったし、ノイズも皆無でした。また抜けも良いと発注主からも絶賛でした。これでスイッチ付きが出てくれればな~・・・


アーケードの上にはトランペットスピーカーを4基と、アーケード内の商店街のBGM用の回線にはAUX1,2から出力。

今回から宅をPreSonusのStudioLive16.0.2を導入しました。このミキサーの良いとこは、まぁデジミキですのでご存じでしょうが、ラックエフェクトはほとんどいらない。

しかも各チャンネル、AUXの回線全てにEQ,コンプがチャンネル毎についていますので、AUXの1,2のアウトにはEQをローカットして、メインは全く別のEQ、など非常に多彩な使い方ができ、今回のような現場ではまさに理想でした。仕込みの為のiPadでのリモートは、今回はスタッフが多かったので必要なかったです。

DCIM0919
取りあえず、急な場面に対応しようと、
dbxのiEQ31もスタンバッてました


が、

必要なしでした。


ただヤマハのアンプが+6dbの入力だったので、それ用での使用です。



DCIM0921沢山の参加で盛り上がりました。

仕込みが朝4時起き・・・昼近くは睡魔が大変でした

3時で全てが終了ですので、帰りは早いですが

今回の駅伝にウチノ娘も出場するので、夕方からの反省会に行くので、多少クタクタでした。

ウチノ子はチームでは一番速いタイムで反省会は胸高々でした


DCIM0922一応・・・リモートはスタンバイしました

ちなみにPreSonusのStudioLiveの他の機種ですと、31バンドEQも6基とか入ってるし、AUXが10回線あったり・・・このシリーズは凄いです。で、安い。

今回大きな音で確認できたんですが、サウンドは十分でした。






DCIM0923mac側の画面です。

ここでは全体が分かりやすいです。

このままGaragebandでは、16chのFireWireのインターフェイスで仕様が出来ます







DCIM0924iPad側です。

反応も良く、レベルメーターも反応がWi-Fi経由とは思えないレスポンスでした









DCIM0925AUXの画面です、どのchがどのくらいのAUXに送ってるかが一目瞭然です。すべて指のみで使えます。











DCIM092631chEQです。この機種はステレオLRのみです。利きはチャント使えましたよ











DCIM0927チャンネルごとの、コンプやEQのパラメーターです。














600x450-2010062400003無駄にケーブルが多くなった気がする

今日は雨なのでケーブルの汚れや巻き直しをしたよ

で〜・・・いったい何メートル分あるのよ

結果発表

4S6が300m 4S8が100m

あっ、スピーカーケーブルの話だよ。別に自慢ではないです。ただ、ケーブルの重要性がわかるだけに、維持管理は絶対。長くなると大変ってわけよ。これだけでもウン万円かかってるし、財産よ財産。ケーブル踏むやつはこうしてやる〜・・・って訳にはいかないでしょ・・・。だから、徹底的に維持管理よ。時々、全部のケーブルの導通TESTとかしないと、本番で、「音が出ない・・・」っていう話です。

ケーブルを巻きながら考えたことでした。おしまい・・・。

延長コネクターが全部で20個(なにすんだか)。まぁ全部屋外イベント用に買い足し買い足しした成果でしょうか・・・

ケーブルを入れるクリアケースが邪魔なほど場所を取るむかつく

マイクケーブル(基本的にはL4E6です)は多分200mです。だって200mの巻きから造った分だけだから。

巻き直しに1時間・・・とても楽しい時間でした


DCIM0918

キャノンからのレンズ修理が戻ってきたけど

へんなエラー

おいおい〜時々あるんだよな。

返品して再修理あほかむかあ〜ぁこれで土曜日の子供の駅伝大会とれないよ・・・くそ〜

電話でぶち切れて、すっきり



あ・・・そうそう、質問がきてましたので、お答えします。

EVのSX300とELXならどっち?

・・・僕ならPAのお仕事として声の再生をメインとするならSX300で、音楽を聴く、BGM主体、カラオケ主体ならELXです。 音量の大きさもありますがあまりフルテンにしないのならELXは非常に聞きやすいサウンドです。飛ぶ飛ばないでしたら、SXは良くできているような気がします。個人的意見です。参考まで。

DCIM0909

どう!綺麗ですよ~山女(ヤマメ)が女なら、イワナ(岩魚)はかっこいい男ですね。すげ=綺麗。何年ぶりに岩魚と出合いましたね。

今回は子供会のレクで渓流の綺麗な場所に来たので、集団行動そっちのけで、渓流釣り。

DCIM0904こんな感じで、涼しい天気で、川の水は凄く冷たいっす

一応、バーブレスのスプーンを10色

多分使わないかも・・・の、スピナーを金、銀、2個・・・

しかし

今日はスピナーで爆釣でした。

1時間ほどで5匹の岩魚くんを釣りました


DCIM0906特に、金のスピナーが良かったみたい

銀は反応が無く・・・

当初は、ピンクのスプーンからキャスト

黒に変えたら2回バラシで、

赤金に変えたら、アタックしてくるのを見て

もしや~って、金のスピナーに変えたら一発でした

流れが多少早く、水も大くて、引くスピードが大変でしたね。


DCIM0911何年振りかな~岩魚。

凄くうれしいです。癒される

渓流の釣りも良いすね。

いつもはデカイ魚ばかり追いかけてるけど、

この模様や色は本物を見ると感動。

写真では伝わらないけどね。

元気な岩魚くんと戯れました。

ありがとうね

DCIM0885
毛馬内という町のお祭りです。




今回はぴゅあアートさんの現場がいつもの通りイッパイらしく、お声をかけてもらい、めでたくZX5の実践に挑めるというわけ~









DCIM0880
下がわの町内では1日目PeaveyIMPULSEをメインで民謡のステージでした。トレーラーをステージにした舞台です。

今歌ってるのは、有名な歌い手さんの奈良さんですが・・・僕の同級生の通称:ジュンコの母さんです。

地元同じだから、良く僕も駆り出されてます。

むかし小学校の頃ジュンコと結婚だ~って、この母さんに仕込まれたな・・・


DCIM08892日目はロックフェスでした。

ぴゅあさんが仕入れたJBLのSRをメインに夜遅くまで、楽しいステージでした。







DCIM0893さぁ、んで僕の担当現場です
ZX5の初出勤です

分かります?宅の位置とスピーカーの位置。

出音ですが個人的な意見としては、納得です
予想通りでした。90ではなく60で正解でしたね。2対向にしたときにバランスが良いです。新品だしこれから鳴ってくれば、さらにいけるでしょ

まだ・・・ゴンゴンしてます。まぁ・・・新品ですからね。

思った以上にローも良く出てました。プロセッサー通せばもっと良くなるでしょう。オペはいつもお世話になってるぴゅあさんの社長です。知り合いの演歌歌手ですので、気心も知れてるぴゅあさんにお任せでした。
DCIM0883宅周りです

まぁ・・・いつものです。

大したものではございません。

宅はウチノ社長の持ちモノのYAMAHAのMGです。

2日目はMackie CFXⅡに変更




DCIM0882仕込みは屋根があり良い環境です。

後は食堂です。いつでも飯が食えます。

天気が雨なので、取りあえずZXには養生します。

後日談ですが、ZXの養生したビニール袋に風で回り込んだ雨が点々の斑点となり、スピーカーにシミが出来ました。新品なのでつきやすいのかな?・・・あとで取るのに苦労しました。

Peavey のIMPULSEは相変わらず鳴ります。

個人的には多少、このハイは耳障りになってきましたが・・・
DCIM0884なんとなく聴いてると、良い音のような気がするけど、
でも・・・結構ドンシャリってのが分かる。

EQは全部dbxです。2231はハウリ取りに最適です

iEQ31は全体をまとめるのに良いです。

パワーアンプはP4500です。非常に安定したアンプですよね。

音も良いが、まず故障が無い。変な症状もない。

YAMAHAのアンプは素姓が良い子が多いね。

アンプは迷ったら取りあえずYAMAHAですよ。間違いは少ないメーカーですよ。さすが日本のメーカーは良い







DCIM0892この日は雨で、後半は上がりましたが、あいにくの天気の2日間でした。

ZX5は、この日の演歌歌手の方には音質が普段と違うせいか、多少不評のようでしたが、まぁ、なかなかいけると思いましたね〜

実は今日はお休みでバイアンプ駆動させてみましたが・・・
フルレンジの方が音の傾向は好きかな・・。まぁいろいろやりますよ。

離れて音を聞いた時は、良く飛ぶし、太い、買って良かったとおもいます。今年はコイツを鳴らしまくります。

毎年一年の最終の現場の11月の矢立公民館祭りの頃にはかなり良い音に熟成してるように期待してます。

お疲れ様でした。


DCIM0859いきなりですが、ZED428の基盤です。

なるほど〜チャンネルごとに基盤が分かれてるんだ・・こりゃわかりやすいね。

音が出ないときがあるらしいが、メーカー出しする前に、点検と掛けて、下調べ

テスター片手に基盤を読みながら、主力系統へ。







DCIM0861テスターで抵抗をはかり、たどりついた部分

なんかここのコンデンサの裏、浮いてる?

音出しながら、ここのコンデンサを押さえると・・・

みっけ〜 出たよ・・・音

出ちゃったよ

ビンゴ

半田、半田

別にいいっすよね・・・

直ってしまった。直しちゃったかも。





DCIM0863
 サウンドチェック

端子、フェーダー等TEST

すべてOKです。

元々、メインの方チャンネルのみ出ないって症状でしたが、LEDまでは信号がきてるから、多分、本当に末端の問題だろうとは思ってたけど・・・意外に単純ミスです。ただ、このコンデンサまでたどり着くのは、3時間かかりました。まずは・・・よかった。

DCIM0844で、とどきましたよ~1カ月待ちました

直輸入の安い問屋さんがありますが、今回は正規品です

EVIオーディオから入荷しました

EVIからですと5年の保証らしいです。










DCIM0841
でも・・・

箱の外側に保証書が貼られてるとは



決め手の保証期間や補償内容は

仕事として使う側には非常に助かりますよ



サウンドハウスさんから買った方が安かったかもしれませんが、

現場は天気も含め、生モノ。何があるか分からないしね。

DCIM0845いずれ、ZX5-60を選んだのには、
飛ぶ角度を持ってることと、バイアンプで鳴らせること、
カッコいいこと でした。多少思いが・・・

バイアンプ駆動に関しては、
サブウーファーを使用しないで
出来る限り良いサウンドが欲しかったんです。
なんせ一人現場がほとんどでして

今回は4本、2対向。

まぁ、今年はこれで楽しい一年になるでしょう

連日の暑さで、エアコン工事や電気屋さん業務、会議が多くて

倉庫にいれるのがやっとで、まだ音を出すことができませんが

いずれ報告します
DCIM0840目いっぱいEVです。

書き込みには丸っこいので積め無いってありました

たしか・・・こりゃ積めない

積めるようなスぺーサーを造ろう






DCIM0842わりと、ELXシリーズみたいな派手な箱ではないですね

SX300もそうですが、ヒンソな箱です。

色気が無いというか・・・

ふたを開けると・・E・V!って感じです

説明書も大した内容もなく・・

まぁ基本分かってる人向きのSPだという感じです
ただ・・・ギターの時もお話しましたが、やはりアメリカの匂いがしました。アメリカモノはこの匂いがするんですね・・アメリカからかは不明ですが。

22kg・・・軽いが、樹脂モノとしては・・・重い。SX300は中身が入ってるか!というほど軽いのにね

↑このページのトップヘ