Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。大館市の音響屋の共栄電機です。音響と電機で開業約40年の会社になりました。このブログは私社長の音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。

2012年02月

DCIM0450
家族でお買い物でした~なにやらインストアライブやってました。タレントさんは良く知りませんが、ついつい機材に目が行くんですよ・・・
DCIM0452
Line6のXD-V70じゃないすかしたは・・MD-CD1mk2で宅は・・・初めて見ましたよ~カーヴィンの24chです。お姉さんが動かないので写真が撮れませんでしたが、EQはクラプロ。モニターはPeaveyでメインもPeaveyでPR12でした。アンプは3台積んでました。一台がアムクロンのXTi2000かな?それと金色のクラプロ~。サウンドハウスシリーズですね。マイクは58とベータ57かな?
DCIM0454
カホンやアコのデュオさんかな?アコは良い音がしてましたよ。なんのプリかな~。オペが女性でしたが、なんか以前同じ現場になった盛岡舞台さんの女性に似てるんですが・・・彼女も音響は何でもこなして、力もある方でしたね。ファンが多いのか・・・僕が知らないだけで有名な方なのか知りませんが、意外とお客様が多かったです。
DCIM0453
サウンドチェックの仕方が変わってて面白かったんですが音響の現場は好きなもので・・・みちゃう娘に飽きられてホンちゃん見ずに退散しました機材はそこそこでしか出来ないですよね・・・ギャラや機材の回転やら考えるとね~な~んだ、クラプロか・・・って言われても、元が取れない現場が多いから気持ちが良く分かる。そりゃ最低でもエレボイやサンクラやら使ってすげ~とこ見せたいけど、仕方ないのが良く分かりますよ・・・。お疲れです。

MA30t9208
この記事は20年位前のプレーヤの記事ですが、これで出会いましたね。現在使ってる6101です。それまでアンプ直的な音は使ったことが無くて、まぁバブルの時代ですから、デジタルの時代です。マルチエフェクターの時代で、好まれたのがローランドJCにマルチエフェクターでしたね。私ももちろんBOSSのME-5(BOSS初のマルチ)を即買いまして~80年代にどっぷりハマった一人です。ギターは当時初めて分割で買ったのが忘れもしないスタインバーガーのGM-4です。300,000円ほどしまして・・・まぁ転勤に次ぐ、転勤で持ち運びのために、買ってましたね~それにME-5とフェンダーの10Wのアンプで。それで充分だと思ってたしね。ところが出合ったのね、マーシャルに。プロのライブでは当時はマーシャルを何段も積んでるのが多く、見てましたが、何これ?てきな感じでした。
MAJub8801
実は最初にマーシャルにノックダウンがこのジュビリーだったんです。楽器屋で試奏しただけですが。ガンズ&ローゼスのスラッシュが使ったので有名ですし、今オークションに出ると当時の価格を超えるほどレア・・・超レアなんです。なんせ限定だったからね。いろが灰色でかなり衝撃的でした。エフェクターばっかりの自分に、根底を覆す音だった気がします。サウンドも今でも、僕的には最高ですね。基本のサウンドは頭の中のこのアンプが基準で作ってますね。それほど好きでした。当時はお茶の水の楽器屋さんでもたまに見かけるほどは在庫があったんですよね。今思えば買っとけば良かったかも。今はまず見かけない。プロの機材紹介などの記事で見かける程度です。プロは結構みなさんもってるよね。オークションに数年に一度くらい出ることがありましたが、すげー高いか、手が出無いほどの価格まで入札が入るかですね。JCM800にゲインプラスして、JCM900みたいなジーって感じの歪みではなくギャーんって感じのハイゲインアンプです。今も自分の6101のチャンネル2はそのサウンド的な作りを目指してますね。

DCIM0411
6101がライブで非常にローノイズとサスティーンなどの音の陰には、おそらく前日真空管の入れ替えが大きいかもしれませんプリチューブを入れ替えました。まぁ前日変える奴の気がしれませんが

すべてマーシャル純正の球が入ってましたが、これを前段の1はGROOVE TUBES / GT-12AX7-Rです。2、3はクリーン、クランチチャンネルの前段になりますが、元々好きな球で、GROOVE TUBES ( グルーヴチューブ ) / GT-12AX7-R2を、クランチ、リードチャンネルの4はGROOVE TUBES  / GT-ECC83Sをいれて、タイトな管なのでこれで意外とまとまる気がします。純正に近い特性です。

後段の5~6はGROOVE TUBES / GT-12AX7-R3です。確かに歪みますが、ケトナーっぽい伸びがある気がします。マーシャルのおいしい部分に現代アンプの良いところを足す感じです。多分この球はエレハモかな~。実はこのグルーブチューブというメーカーの球はエレハモやソブテックなどの球の上に自社のシール貼ってるだけなんです。裏から見ると銘柄が見えます。ただ検品や質を管理してサウンドに合わせてるようです。R3を入れてからは、確かにゲインも上がりますし、マーシャルにケトナー成分的な味付けにもなってます。

他にもELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / 12AX7EHは特にお勧めします。今回は在庫が無かったのと、全体のバランスを見て、グルーブチューブで統一しましたが、一押しはコレ
あせったのは、ある程度家でサウンドを創りきっていましたが、球を入れ替えてから文化会館で出したときは、ゲインの違いで、通常よりもゲインツマミ5分ほど3チャンネルともカットできました。

それはノイズやハウリカットにもつながります。ぜひチューブを数年交換していない方には、お勧めします。

本来はパワー管の方がヘタリが早いのです。本当はパワー管も交換が一番大切すが、今回は予算が・・・すでにプリ感で2万円弱掛かってますので、パワー管は次回ライブが決まったら、再度吟味して、お知らせします。


エフェクターとか、ケーブルとか、要らないモノのせいにしてお金を使うくらいなら、まずは音の入り口、出口です。ギターはプラス、真空管です。

余談ですが・・・今回のライブイベントで久しぶりに色々なギターリストに出合い勉強できました。色々なアンプも見れたし非常に実り多いライブでした。ただ・・どのギターリストさんにも言えますが・・・フルチューブのアンプを自分の出番の時に電源入れて即使用していました。ある意味凄いな~でもアンプはかわいそうでしたね。私はリハーサル前から電源はいれっぱなしです。おかげで本番は太く伸びる本来のサウンドでしっかり出来ました。しかしほとんどのギターリストさんたちは・・・本来の音が出る頃に、演奏を終えてるし、終わったら即効電源全切りで、即ガチャガチャ移動してるし。こりゃ大変失礼を言わせていただきますが、いずれ壊れますし、チューブアンプの良さを知らないで使ってるだな~・・・しかもディーゼルとかケトナーはウン十万円のアンプなのに、これでは意味無いです。そこで語るのもウザいでしょうから、黙ってみてましたが、愛する愛機ですよね。愛機のことを誰よりも知ってあげることが、本当の良い音を出す一番の資質のような気をさせられたイベントでした。ちなみにBlackStarを使っていたカッチョいい女の子のギターリストにはアンプは少し温めてあげた方が、もっと良い音になるよ~って伝えました。喜んで聞いてくれたのが少し嬉しかったです。参加したギターリストの皆さん良は皆、最高に上手くて、かっこよくて、あ~もう俺の時代じゃないな~って思い知らされた位の素晴らしいギターリストばかりです。機材のことも少~しだけ覚えてさらに素晴らしいギターライフを・・・。

DSCN0922
僕らはトップばった~でござんすアマバンドの対バンイベントは、意外とど頭はお客さんが多いんですよね~開始ベルの後、イントロ始める前に、ざっと客席を見てたら結構多くて嬉しかったですね~。3曲ってのが、なんか申し訳ないのですがでも、他のバンドさんから見ても、インストがあったりして、珍しかったかも。汗は親父ですから、いっぱいです本番も緊張とかあせりは無いけど、異常なほど汗は出る。鼻水も出るもんで・・・ちょっち、かっちょ悪かったかもとにかく楽しかったです。
DSCN0929DSCN0930
ウチのドラム君の子供たちが大いに盛り上がってくれました楽しかったです
DSCN0933
おまけでもう一枚。
DSCN0943
アコースティックとかもあって、ジャンルも色々です。みんな素晴らしい演奏です。
DCIM0430
まつりのあと・・・です。なんか撤収が終わると、なにやら安堵感と寂しさがあります。昔からそうなんですが、ライブはやっぱり聖地です。ライブ中だけは別世界で居られる不思議な空間です。お疲れさまでした。



DSCN0918
リハですマイクスタンドの前に低くiPadが仕込んでます。プロンプタのアプリは革命的ですね。意外に目立たないですねギターは今回Orville by Gibsonです。久しぶりの文化会館ステージです。不思議なほど緊張は全くない。まぁ緊張するほど何か特別なことをするわけでもなく、練習通りの再現だしと思うと、ただただ楽しんでいましたね

DCIM0418
忘れ物は無いっすね・・・結局アンプはマーシャルです。Peaveyはお休み。ごめんPeavey。なので自作のエフェクトバードもコンパクトエフェクトを外して、MIDI対応のBOSS ME-5です。マルチエフェクターのBOSSの一号機ですね・・・20年以上前に東京のお茶の水で買ったんです。今も現役。レアなんですがね~さぁいざ大館市民文化会館へ~
DCIM0419
SRはぴゅあアートさんです。今日は僕は出演者でも・・ついついお手伝いしたくなる・・・宅はMackie24.4うちと同じやつです。EQはdbxの2231、1231ですね。あとはコンプですが1066、2基と、ウチから貸し出しの1066と266XLです。なんかアナログシステムって、こうなるんだよね~僕は好きです。最近はデジミキが多くなり、こういう風に並べる絵が少なくなりつつありますが、これぞ醍醐味ですよね
DCIM0426
フロントはRENKUS-HEINZが2対向です。中ホールでキャパは400前後なので十分なサウンドです。
DCIM0423
で~ん6101です。6912というMarshallの6101専用のキャビネットのセットです。6101と6912にはG12-Gold Celestionが入ってます。凄いユニットですマジで・・・。

6101の音は全体がガッツリ出ます。上下でガッツリ鳴るのでデッカイ他のバンドのスタックに負けないっす良いセットです。多分6101のフルで6912で組んでる方って居ないほどレアかも。当時6912キャビ自体あったんだ・・・って思うくらいセットではあまり出回って無い。オークションとかでもキャビだけでも高いかもね・・・。

まぁ・・んで、仕込みながらサウンドチェックしていきましたが、非常に伸びるのですが、クランチのおいしいところが、ゲイン3時と3時5分くらいの間の微妙なとこで・・・3時だとヌケナイし、3時5分だとゲインがありすぎるし・・・Volやいろいろやりましたが、やはりゲインのそれが決め手その中間がでないし・・・う~んクリーン(ch1)はMIDIでつないでセンドリターンしてるME-5のコンプとコーラスを使用して良い感じです

ローズヒップ(Rose☆Hip!)というバンド時代に技でっすそういえば、みんな別々のバンドなどでの出演でしたがローズヒップが全員そろってました。うれしかったな~アンプの話に戻しましょうか・・・

最後はリードのch3ですが、マスターを10時位で決めて行きましたが、ちょうど9時半頃から、非常に抜けてきました。のびますし。その伸び方がスタックの6100LMとは違い、ケトナーのアンプのような感じです。多分コンボのユニットのG12-Gold Celestionの恩恵が大きいと思います。今回、ヒュース&ケトナースタックの3chの奴とディーゼルの凄いスタック、Rockstar、など楽器屋に行かなくても、リハは楽しめたね~楽器屋状態で演奏よりも楽しんでたかもでーリードの3chですがそういう現代的化け物アンプに負けない抜けがありました。サスティーンがある伸びる伸びるch2と3はMIDIではチャンネル切り替えのみで、エフェクトは戻しなしで、アンプ直というセッティングです。
DCIM0425
DCIM0424

DCIM0409
チャンネルの3が出ません。ノイズも無しチャンネル切り替えの基盤をチェック信号は来てる・・・コンデンサかな球かな?では裏を・・・
DCIM0406
美しいヘッドユニットですね~30周年モデルですよ~金掛かってるプリが6個の12AX7、整流管かな?でもこれも12AXだな・・・が1個、でパワーが6L6?5881?が4発。5881かフロントパネルにシールあった。小ぶりな割には、30キロ強もあるのは納得。レギュラーラインのJCMシリーズとかとは内容が違うね
DCIM0405
プリ管のカバーを外して・・・あ犯人いた・・・ガス抜けてんじゃんお疲れさん。頭が真っ白でしょ。でも・・・これで取りあえずチャンネル1,2は出るんだもんね。ある意味凄いね。
DCIM0408
はい
DCIM0407
このユニットすごい。セレッションだけど、見たことないね。ユニットだけでもウン万円だよ。このアンプ。良い音するよね、これだけの内容だもん。
DCIM0410
早速サウンドチェックO~でるでる。現在の多チャンネルアンプは多数あれど、このまとまりのある音は中々無いこりゃレアだわ。チャンネル3はかなりのハイゲインだけど、最近のアンプのエフェクターみたいなハイゲインではなく、ちゃんと真空管で限界まで行ってま~す的なハイゲインで太い良いこのアンプは良いスタックの6100より個人的にはこっちが良いかな~

DCIM0404
いよいよ日曜日ライブです今日は練習でした・・・最後の。音がシックリこなくてテンパッてました。どうもハウルし、伸びないし・・・ライブが近いからいっぱいいっぱいなのかと思いきや、全く緊張してないのである不思議なほど・・・楽曲は皆で「この短い間でよくここまで出来たね~」と感動すら覚えましたよ・・・でもギターの音だけなんかシックリこない・・・
DCIM0401
家について、ビール(4本)飲んで一息ついて毎日実はこれで鍛えてます。インストの曲の最後のギターソロのアドリブで手に力が無くなって指が動かなくなるので、こりゃ久しぶりの酷使に指力が落ちてるのではと3週間ばかし、毎日鍛えてました。あまり変わらないけど・・・・

DCIM0397
エフェクトボードは実はハードケース式のを持ってるんですが、どうもしっくりこないし、裏の粘着、マジックテープは外れやすいし・・・もっと良い奴を買えば済むんでしょうが、もったいないし・・・というわけで、作ろうかと。とりあえずお試しにというわけで、なんとか全部100均で揃えようかと。いろいろ見てるうちに浮かぶ浮かぶアイディアがよく引っかけてつかう金網のアレと結束バンド。あのクルッテまいてギュッと弾くと締まるやつね。仕事でも電気屋さんですからショッチュウつかいますが、たったそれだけです。まずはエフェクターをポンポン置いていき、ギュっって一個ずつ縛って固定を繰り返すギターのシールドなどを抜いたりする場所はあらかじめ余裕を付けて場所決めACや固定できるケーブルは、電源とパッチケーブルは別々に短い方の結束バンドで固定します。
DCIM0398
見た目はごっつい感じですが、意外にしっかり固定でき、持ち運びが楽ですまぁこの田舎ですから、都会の方と違い、練習場所へは基本車ですので、ケースである必要はなくステージでも十分いけるっす問題は入れ替えですけど・・・これでOKならば大丈夫。なんせ300円です何個でも作れるしやり直しも手軽ライブへはなんかのバックに入れていきましょう

Ibanez TS9 Tube Screamer
Ibanez TS9 Tube Screamer
クチコミを見る

BOSS オーバードライブOverDrive OD-3
BOSS オーバードライブOverDrive OD-3
クチコミを見る



DCIM0388
今日はバンド練習の日です今日の練習場所は大館ドームです。ここの一角で毎回行います。たまにはスタジオですが、基本的にはドームや交流センターなどが格安で時間もゆっくりで良いですねまぁ私がPA持ってるので、やれるのですが・・・。
DCIM0385
今回で3回目。先週は私のインフルで中止。すっかり完治です。今日はネック補修したOrvilleです。やっぱGoodサウンドです。アンプはPeaveyのClassic50/212です。これのドライブがまた、良いのです。のびますね。今日は反響が多い場所なのでハウリまくってますが実は来週ライブです。しかも文化会館中ホールです大丈夫かな・・・
DCIM0384
実質3曲で参加ですちょっと少ないのですが、久しぶりなので無理せずという事で。歌モノ2曲とインストを1曲です。意外と濃い3曲なので、いけるかな?まぁ沢山場数は踏んでる方なのでそれほど焦りが無いのは不思議です。PA業務での場数もこなしてるので場馴れという面では、慣れてるかな?
DCIM0387
iPadでカンペです。プロンプターというアプリです。プロの方もモニターに歌詞が流れてるやつ、たまにテレビで足元が映ると、ありますよね~・・・あれです探してたらアプリであるんですよ~助かります。私は歌モノで使います。今日はそれのリハでもあります。結局当日、演奏が走っても、遅くてもダメなんで、行けるかどうかテストしました。で結論はバッチリデスぐ~です。いけますよコレ。マイクスタンドにくっつける方法もあるんですが、次の出演者の準備の邪魔にならないように、専用に仕込んでいきます。
36297_1奥田民夫くんも使ってる絵をみました。マイクスタンドに付けてますね・・・メカっぽくて意外にカッコいいです。下にテレビモニターを置くよりは見やすいのかもしれませんね~まぁプロの現場はもっと進化してるのでしょうけど・・・

今回は足元も居たってシンプルです。ディレイが肝なソロなので、ディレイはシビアにかけます。BOSSのDD-3です。となりはコーラスのDC-2デイメンションCです。ブーストはBOSS OD-3です。インストで使います。今日はBOSSで。チューナーはコルグのDT-3です。バズフェイトンチューニングの出来るのです。ギター自体はそれではないのですが、それでチューンすると凄く和音が良いのです。現在はこのチューナがすでに生産されてないので、予備でもう一つありますが、ずーっと愛用してる、僕の名器です。いよいよ来週の水曜日の練習が最後ですよ・・・楽しみです。

↑このページのトップヘ