Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。秋田県大館市で音響屋と電気屋の共栄電機を経営奮闘中!このブログは音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。仕事ください。

2012年01月

DCIM0354
Bチャンネル鳴りません・・・。という症状。まぁサウンドハウスに送っても良いが、アンプは万金掛かるので、依頼の方いわく・・「1万円以上なら要らない~」ということで、じゃぁワシが直すか・・・つうわけです。まずはばらしていきます。意外にしっかり作られていますよね~重いし。すげ~重いし。基盤を外していきま・・・・・・・え”なんじゃこりゃ~

DCIM0356
これ当店がサウンドハウスから取り寄せてお客様に納品してますが、もちろん一度も修理歴無いです。もちろんお客さまもばらすような人はいません。この半田の盛りはなにAチャンネルと比較してみれば一目瞭然。ありえない・・・・の一言。ひどい。裏を見るのも怖い・・・
DCIM0353
でた~曲がってるし~半田盛ってる割についてなくて、割れてます良く見ると他の個所もひどいですねありえない・・・まぁ・・・安さはこれだから仕方ないのかも。この機械だけであるように、祈ります
DCIM0355
見ると非常に良い作りしてるんですよね~へたなアンプより凄いです。でも・・・基盤があれじゃね。やはり中国製何ですかね・・・。怖い怖い。取りあえずVolポッドを(Bカーブの10K)を交換して組み立て、サウンドチェック!治ってしまいました。お疲れさまでした。

DCIM0348
ElectroVoiceのELX115です。グリルについてるメーカーの部分ですが、少しかっこ悪い気がしまして、別なEVロゴが何個かあるので、交換してみました。
DCIM0347
こんな感じ~どうすか?なかなかグーな感じ。ずいぶん感じが変わるもんですね~(^.^)いいね~いいね~!!純正ロゴを外すとは分かりますが、ELXのは高級に日本のネジで止まっていて、グリルをしっかり外さないと、とれない仕組みです。そのネジには合わないので、グルーガンで粘着しました。
DCIM0344
存在感が違うよね~良い感じです。2年目ですし少しイメチェン。だいぶ鳴ってきてサウンドもカチカチのローミッドグワァ~んって感じから、安いながらも押しが強く、腰もある、ハイファイな感じになりました。やっぱり新品SPは半年以上は鳴らさないと実際分からないのでした~

EV-エレクトロボイス ELX115
EV-エレクトロボイス ELX115

DCIM0379
催事場の常設です。クラプロのCP1200がRチャンネルが逝きました・・・価格並みなのか、やっぱ、コストパフォーマンス機材は壊れるのが早いかも。それか、耐久性が低いか、どちらかですね。なんかそんな気がします。こういう会場は一番は信頼性と耐久性。でも予算が無いといわれるとね・・・修理か、交換か現在思案中。
DCIM0380
実は上のローランドのアンプも片方が死んでます。まぁ20年以上ですしね。クラプロは5年目くらいかな?
DCIM0382
それなりの機材とソレナリデハ無い機材がいろいろ。頻繁に催しごとが多い会場ですので取りあえず貸し出しは必需品です。通信カラオケ以外はほぼ貸し出しをスタンバイさせておいてますので、本番中以外は当店でフォロー出来てます。

DCIM0369
初仕事!午前中は早速テレビが売れまして・・・というか年末に入荷しなかったんですが、それの配達と取付でした。午後は某小学校の体育館の放送機器の修理です。一斉ボタンを押しても全校に流れない症状です。まぁ単純ミスなんですが・・・ちゃちゃっと直りました。操作ボタンに子供達でも分かるように、色を付けて、OK。今日は取りあえずこれで終了。お疲れ様です。

実はライブ依頼のメールが来てました。もちろん音響で無く、出演の方です。どうしよう、どうしよう・・・ワナワナ。とりあえず、2,3掛け持ちでバンドがあるので、メンバーが揃いそうな方で出ようかな?何やろうかな・・・

DCIM0362
元旦です。大館の神明社へ初詣に行きました。31日から家族と年越しでした。私はダウンタウンの番組で大笑いして年越し。食った、飲んだです。子供たちとお昼ころにお参り。凄い混んでました。そのあと嫁さんの実家へ御挨拶にいって、そちらの子供たちにお年玉。大人は貧乏なのです。

↑このページのトップヘ