Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。秋田県大館市で音響屋と電気屋の共栄電機を経営奮闘中!このブログは音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。仕事ください。

IMG_4453某市施設。館内の放送設備のアンプと回線の交換と改修工事。今日は一人です。


ココの施設が休みの日なので月曜日と言うことです。まったく疲れが抜けぬままの毎日ですが、心は晴々って感じ。


館内一人は怖いな~と思ってたら、ここぞと他社の他の修繕等の業者も来てました。


案外賑やか。
IMG_4377秋も深し・・・
紅葉もそろそろ終わる。冬になりかけ。にしては暖かいかも。

全然走れてない。ココ1カ月半位はランニング距離0km・・・ヤバい。全てリセットされてる。走りたいモードが、リミッター超えた。コンプで潰されてるかも。

イベント多すぎ。有難いけど。

ほぼ毎日機材と一緒。

IMG_4446もともとのアンプ。

回線等の確認と不具合の確認で館内をまわり・・・

IMG_4457交換無事完了。

音も良いね~。

音響、放送設備の方はまだ色々あります。毎週のルーティン作業になってますね。

請求忘れてる箇所が無いか心配。
サービス作業は破滅を招く。

IMG_4386秋田市AUで行われたファッションショー。ウチノ娘が出演しました。一観客で見てました。

丁度いい会場で、色々使えそうな会場でした。駐車場も多いしね。

待ち合わせの舞台もココも良いな=なんて見てました。ダックスムーンも良い。キャパも丁度いい。設備も良いし。

IMG_4240はるか昔のような、きりたんぽまつり。そうか今月だったね。

今週末は鹿角市コモッセ(鹿角市の文化会館みたいな場所)でまちあわせハチ公ガールズ主演の舞台「地方は活性化するか否か」の本番です。

音響は私はまた、担当します。どうぞご来場お待ちしています。

IMG_1273いよいよ最終日。なんでもそうですが、最終日になると寂しいもんで、ついつい頑張ってしまう。


今日のスペースさんの2人と私の3人で会場入りですが、3日間、スペースPの皆さんには良くしてもらって感謝です。


今日は卓にワイヤレスが増えてます。一番上のサウンドピュアの8033Eです。ステージもバンドなどでAR2412に沢山入力済み。卓周りもAR84を持ち込んで、GLD112の入力と合わせて16チャンネル分満杯。
生徒や先生にタタキやフェーダー操作までも手伝わせながらの卓周りは、中々混み混みでした。
IMG_1275DYNACORDのcobraシリーズ。

3年前のきりたんぽまつりのSPで聞いた位で、中々音楽的な音で、押しも凄いSPという印象でしたが、予想通り。私の腕ではもったいないほどの実力。

音出してて気持ちいい。今度は自分の好みで仕込んで音が出せると、良いすね~。直起きで、ローが凄い。気持ち悪くなるほど、ローが出ます。

DYNACORD恐るべし。やっぱ音良い。

次の目標はDYNACORDのSP欲しい。ですかね

IMG_1274正面から・・・

PAらしい。ただしTOPだけでも、2人でやっと。撤収は男子生徒4人で持ちました。

ローは持てません。


H5000のアンプやプロセッサーありきの音らしいですが、やっぱアンプも良い音です。

IMG_1276最終日は報告てんこ盛り。

アンプやドラムなど、高校生にしては、かなり高級品。Gアンプはレンタル。

ドラムマイクは指示通り、TOPがLRとキック。のみ。でしたが、最終までは、私の好みにしまして、TOP無のTOPマイクをタムにしました。これがね~良かった。

出来ればSNとHHにもマイク欲しかった・・・。キリがない。

58でKICKでしたが、結構バランスイイです。本当に。58良いっす。さすがマルチなマイク。58はなんでも良い。

IMG_1277軽音リハ。最終日はまた違うメンツのバンド。

音も変えました。僕っぽい音・・・と言う感じ。しかも、ドスドス、キックも爆音系・・・。すいません。

でもこれで中々タイトな音で、高校生バンドから、少し上手くなった音になったと思ってます。
IMG_1279今日は一般公開。保護者や地域の皆さま、お友達的な続々きます。

また近くのフォーラス跡地に大型商業施設オープンとハロウィーンの仮装行列などと重なり、多くの人らしいです。さすが、秋田市はイベント多い。

IMG_1282軽音スタート!。

良い感じでした。3日間通しは自分だけなので、大分生徒とも会話できるほどになりました。
IMG_1287カラオケ大会では体育館中ほどに審査員。まぁ校長とか教頭とからしいですがね。

そこのマイクを見てなかったので、急遽ワイヤレス増やしたわけ。こういう時のサウンドピュアは役立ちます。音も良いが、スイッチもあるし。

IMG_1288僕のお得意のカラオケ。

エコー掛けまっせー!ディレイも掛けまっせー!
IMG_1290長丁場の学祭もいよいよ閉祭式へ

ビンゴや、3日間の映像を編集したムービーなど結構感動的でした。演劇の美人先生がさすが、舞台には詳しく、タタキ等すべて先生任せ。しかも仕切りもばっちりで、これだけ盛りだくさんのステージも無事終了。

私服で個性あふれる学校で、良い感じの雰囲気が印象的で楽しかったですね。撤収は多くの生徒が機材等運んでくれたので、オジサン相当楽でした。

最後に生徒や軽音の皆さんでケーブルの巻き方講習会をスペースの姉さんが開催。懸命におぼえてました。

こういうのって大事ですね。こういうことでケーブル巻きも、音や機材など憶えるんです。私もそうでした。きっとこの中からも将来の音響家が誕生すような気がしました。

是非またここでPAが出来れば嬉しいですね。ありがとうございました。スペースプロジェクトさんにも大変お世話になりました。正直凄く楽しい3日間でした。いろいろ勉強になりました。また一緒の現場が出来たら嬉しいです。お疲れ様でした。

さぁ大館に帰りましょう。飲むぞ~。明日は日曜日ですが、空けてました。娘の学校祭なのです。明徳祭が木~土曜日でよかった・・・。

余談ですがこの次の日は我が娘たちの高校の学祭でした。今度は保護者として行きました。体育館で娘の発表を待ってると、

音響屋さんいました。「へ~だれかな?」どこの業者?

あれ~!!!レジェンド、ホンダダイコーさん。

気が付いてついつい走って行きましたよ。いや~久しぶりでした。さすが元気でPAしてました。良い音でした。お疲れ様です。

IMG_1269今日も良い天気・・


毎日秋田通い。泊ればいいのだが・・いろいろ事情があり、毎日早朝起きだけど、これを3日間。


でもそれほど苦痛は無い。
IMG_1263スペース本社到着後、乗り換えて9時に明徳館高校入り。

今日は11時から本番の開祭式。その前の2時間で軽音部と演劇部と生徒会のリハ。

最初のバンドのリハ。

今日は音を追い込んで行きます。コブラ出ます。が、体育館中央付近から音が、ガクッと減衰。反響音と打ち消しあってる感じで、音が無くなる感じ。不思議。

そういう意味では、うちのHX-7てきな方が後まで、飛ぶ感じですね。ただし爆音だけどウルササが無い感じ。そこは良いスピーカーの特性。
IMG_1265ダンス部とかのリハ。

CDとかスマホとかとっかえひっかえ。今時の音源ですね。ただコブラの鳴り方は凄い。まぁ・・おれが押してるのか。出してるっていうか・・。

IMG_1267開祭式もコスプレの生徒会も無事に完了し、前夜祭のバンド。

とりあえず問題無く2日目も終了。

今日はさらにMD-CD1が1台増え、卓横がタワーになります。明日はワイヤレスがさらに2波増えますので、さらに積む感じですね。

ビルの学校の内部の行き来も慣れてきた。

生徒や先生とも慣れてきた。スペースの皆さんとも慣れてきた。案外内気な私ですが、楽しいです。

明日は最終日。こうやって書いてると短い。自分にとっては早朝から、家に着いて夜なんで、長い3日間です。

IMG_1250今日からの3日間は秋田市への出張オペ。秋田市の明徳館高校という、AUの隣のビルの高校。体育館が7Fというなんとも・・都会。

スペースプロジェクト社の現場ですが、音響オペとしてサポート。っていうなら、卓も慣れたモノがいいですので、GLD112とCDなど卓周りはすべて自前です。

出力系とSPはスペースプロジェクトのなんとダイナコードのコブラセット。お〜ついに俺もコブラ鳴らせるのか〜嬉しい。

IMG_1249搬入は1Fからトラックからのエレベータでの大量の搬入は生徒の軽音部と生徒会で全部上げました。

照明はスペースさんと生徒に任せて私は、チーフの大川君と音響を組んでいきます

ak0512small一番上が体育館。

IMG_1259コブラ組み上がり〜。1分の2で一番上に角度を付けます。体育館の構造上非常に反響します。












IMG_1261プロセッサとアンプもダイナコード。 

サウンドチェック、リハです。











IMG_1258卓がいつもの右腕となれば安心です。可能な限り他社現場にも卓は自前です。俺はね。

他社の現場は好きこのんで受ける気はない。自由がない。仕事だが、自分の音響に対する考えとは違う。

今回は卓は自前。卓周りも自前で良いって事にしてくれたので、受けました。これで安心です。

結局3日間オペは自分。スペースさんは3日間毎日担当が変わる。当てになるのは、いつもの卓って事です。

 IMG_1251開祭式のリハーサル。

ワイヤレスが4波。ピンマイクは2波。 

入力数は多彩。CDが3台、iPhone的な入力、PCの入力、ワイヤレス他。

GLDの1面のレイヤーが足りないほど。


これでアナログ卓なら・・・面倒くさいだろうね。

IMG_1253軽音のリハ。1曲ごとにメンバーが代わり、つまり10バンド位あるかな。3日間で30バンドあるようなモノ。


今日は多少遠慮がちにサウンドを出力した。まぁ他社の現場なんで・・いつもの音が良いのかどうか・・・

IMG_1252机の見切れてる所は照明の卓。

タタキは先生や生徒が行う。

ダンスパフォーマンスやオタ芸、カラオケ大会、そして演劇部

 IMG_1254マイクなどは全て仕込み図通りなので全部58と57。

ドラムが良い音で、58でも十分なキックになる。

楽器はチューニングと楽器そのものが良い事。あとはプレーヤー次第。そしてオペの力。

IMG_1256楽器の音もある程度は完成。各演目の音もある程度は分かってきた。今日はここまででおしまい。

明日出来れば更に追い込もう。朝はしばらくリハが続き、11時から開祭式本番。 

今日は朝5時に大館を出発。
おつかれ・・・。 

IMG_0334今年から導入したTOA社のHX-7

ラインアレータイプのスピーカーとしては破格の価格とコンパクト製といい、革命的です。HX-5が発売された時も、心がぐらついたけど、現物をみて、音も聞いて、自分向きではないかな~と。

東北プロオーディオ試聴会で目にしたHX-7を聞いた時は、正直、この大きさと価格ならいつか自分もラインアレーって行けそうかな・・・と思ったもんです。

ZX-5の音に今も心は奪われたままです。しかしドンドン規模も年間の音響業務も高度化して行くにつれ、小型とはいえ、ラインアレーに移行はした方が良いかな・・・と

IMG_0938最初の現場はダックスムーンのLIVEでしたが、バンドで最高の演奏をしてくれるメンバーは最高のテスト出来る環境でした。

最初はドラムではなく、カホンなどのパーカッションでの編成でした。いつもはMIDロー以降が回りやすい現場が多い中、この日の会場も最強に回る体育館でした。さらに毎年行っている会場で、比較するにはココでした。

結果はブログでも書いてますが非常に良かった。

ダックスムーンメンバーからも高い評価を頂きました。

またEQもほぼフラットで原音を損なわず出力できました

IMG_0991次の現場では野外。非常に広い場所で、HX-7にとってテスト導入して行くには、毎回がチャレンジでした。

ステージがトレーラーと言うことでしたが、ステージへの回り込みもほぼ無く、少ないスタッフでも、足場への設置もでき、コンパクト、パワー、言うことなしのSPと確信しました。

SRスピーカーとしてはTOAというブランドには多少違和感がありました、拡声器、放送設備としては、いつもお世話になってますし、トップブランドですが、音楽再生となると・・・

しかし今回のHX-7で印象は変わりました。

IMG_1085このイベントでは客席の奥およそ100mほどあり、出店業者など多数の人手でしたが、全く問題なく最奥まで音が届いていた事は事実です。

毎回のサブウーファーはエレクトロボイス社のEKX18SPですが、中々良い相性でした。TOAの専用のサブローも発売されてますので、新規購入ではそちらが最高にマッチングが取れていると思いますが、当社は既にEVのEKX15SPとEKX18SPの導入をしていたため、クロスのポイントが相性が良いか、心配してましたが、十分に対応できました。ZX5等と組む場合と同じ感じで、さらにメリハリが増す感じでした。

IMG_1132テストが続くかのように次の現場では、せり上がるような客席でした。ここでもHX-7の威力発揮となりました。
しかも・・・ドラムです。しかも・・・最高のドラムセットです。生音で十分良い音のドラム
毎回・・・ヤバいっす。凄く楽しいです。

客席の構造でローの角度が多少問題ありでしたが、HX-7の角度に関しては、うってつけでした。

卓の位置でしっかりとした、音像が得られ、SNも高く、追い込んで行くにつれ、良いポイントを見つけていくことが出来ました。ヤバい楽しい・・すぎる。

IMG_1123本番はこの位置より、ステージの一番前位のラインまで前に出しました。


IMG_1195先日の学校の体育館です。ココまでのデータでココでは、EQのカーブ、メインへのディレイなど、各種のテストも行いました。前回の体育館からさらに追い込んだセッティングをして、比較しながら煮詰めていきました。

またウーファーも今までのパラメータから変えてみたりしながら、多くのデータを収集しました。

今後も多くの会場でHX-7は使っていきますが、ZX5の音楽的な音は好きだし、なによりHX-7はそれでも重い。仕込みも毎回数人でポールに持ちあげなければイケないので、またZX5の現場は続きます。

両方の良い部分があるのでどちらが良いとは言えませんが、使い方、使う場所では、相当な対応が出来ると思います。実際野外イベントでZX5のみでも、かなりの音が出ますし、HX-7であれば、さらに追い込んだセッティングも可能になります。

またSX300のみでも、多くの現場をこなせますし、キャパもそうですが、音をどのように飛ばすのか、回り込みに関して、その場に合うSPの選択など、音響業務の楽しさは増えましたね。その分稼がないと・・・正直・・・現実ですが。
仕事を楽しむ、趣味と仕事が融合する。仕事になることで、真剣に楽しむことが出来る事は、何よりも有難いことです。

大型PAプロダクションには・・なりませんが、せめて音響家です!って胸張って言えるような、音屋さんでありたいですね。

↑このページのトップヘ