Kenvoの音業務日誌

Kenvoです。大館市の音響屋の共栄電機です。音響と電機で開業約40年の会社になりました。このブログは私社長の音響業務の記録の一部です。本業の電機屋のネタやバンド活動などの話題もちょいちょい・・・今年も更に音響業務楽しく頑張ります!業務ご用命ございましたら、コメントにでも下さい。

IMG_0079以来の団体様へ機材の納品ですが、現場直での納品です。実際に組んで、説明。

しかし・・・暑い。体育館ですが、40度くらいあるのでは・・・外が30度越えですが、涼しいと感じます。







IMG_0081スピーカーの箱は残しあとはケースのまま。

団体さんの予算ですが、結構がんばってくれましたので、かなりの金額ですが、それなりの音になりましたので、満足ですね。

カラオケや夏祭りなど幅広く使用したいという目的でしたので、マイクはサウンドピュアのワイヤレス。そしてケーブル等はカナレ製でしっかりプロ使用です。


IMG_0082流石エレボイです。素人の皆さんに組んでもらって説明して、ハウリングの注意をしようと思っても、ハウら無い。結構大きい音でもハウら無い。素晴らしい。ある程度は追い込んでトーンを設定してます。



カセット付きも希望なのでタスカムのCD-A580です。これも新機種ですね〜




IMG_0087サウンドピュアは本当に良いワイヤレスマイクです。安心してお渡しできます。スイッチ付きで特に良い。ボーカル、司会、なんでもいけます。

昨年は急遽、これでフルートを再生しましたが、オフ気味でもしっかり抜ける。電池残量もAF、RFともレシーバー、チューナー両方に表示あるし、高級ワイヤレスに匹敵します。で、値段は格安で国内製。

当社だけでも結構な台数を販売しました。今年マイナーチェンジしましたね。今後も注目です。 

IMG_0059宮城の鹿島台中学でのダックスムーンコンサートが地元の北麓新聞でも記事に。

すげ〜。

でも嬉しい。








 IMG_0078相変わらずギブソンのリペアとか、最近はギターいじりが夜の楽しみです。

今日もギブソンのペグ交換。グローバーのが付いてましたが、元々の純正に・・・どうせならヒストリックものに交換。やっぱこれです。ジミーペイジ好きにはグローバーでしょうけど。純正好きな僕は、基本構成はあまり変えない。特に外観。PUは・・・変えちゃうんだよね〜。ディマジオにしよか、57classicにしよか・・・まよう〜。


IMG_0077半田こだわります。Kester"44"物ですね。半田の乗りが違いますし、その後のミスがない。音もね。楽器や音ものは全てこれでしょうか?

エフェクターを作るときも、これ!

少し高いけどね。






IMG_0133ついで購入。

フェンダーのストラトにブリッジカバー。

弾くときにはブリッジミュートが出来なくなるのですが、この外観が好きですね。実際つけたまま弾いても僕個人はあまり困らないかな?

ミュートはもっとフロントでしてる感じです。 

ギターリペアの部屋があるのですが、大分物だらけで狭くなったので、大掃除しました。エアコンがないので暑いけど、ここで音響機材の修理なども行います。

ここ数ヶ月はなんでしょうか?ALLEN&HEATHの機材の修理依頼などが多い。しかも全国いろんな所からお電話頂きます。当社のサイトとこのブログのせいですかね。あとはスピーカー修理など。

購入希望者もおられますが、その辺は「お近くの楽器屋さんで」と言うことに説明させて頂いてます。電機物にしろ、アフターメンテは近場にあると良いですよ。

まぁ売りたいが、私は自分が選んだ楽器や機材、電機製品は自分で設置したい、お渡ししたいと考えてます。 

暑いです。今はエアコン工事がメインの日々です。 

IMG_0071なつですね。暑いっすね。

毎日エアコンが売れる。嬉しい。でも暑い。暑い。

今日は某学校の校庭にある放送用リピーターと分電盤にある水銀灯用のタイマー交換

外ですので錆びまくり。つうか、一度も使ったことがないらしく・・・便利なのにね。

このザマよ・・







外用電源に半田ごてをツナイデ、35度の中楽しい作業・・・。



IMG_0072カバー付き。これで多少は持つかな?

























IMG_0076音響やさんでもあるし、電機屋さんでもありますが、市内では放送設備業者としてのほうが知られてるかも・・・。

まぁ儲かるので良しとしよう。









 IMG_0065漏電ブレーカー下のタイマーを交換します。

校内ですので電源が落とせませんので、慎重に・・・

が、十年ぶりに触ってしまったのだ。回線に。むき出しなので、ブルルル〜って来ます。痛いです。100V なんでまぁ大丈夫。

お〜久々感電。あぶね〜














IMG_0068奥が現在の機器


手前が交換部品。


いわゆる時計が動いてないので故障。


















IMG_0062納入待ちの音響設備機材。


今回はPAシステムで、結構な量。山積み。

Electro-VoiceのZLX-12、TASCAMのCD-A580はじめ、カラオケやアンプなど。







IMG_0063事前にラックに組み込みしての導入です。

6Uが1つと、3Uが1つ、4Uが1つ。ですね。

多いです。


楽しいです。毎日のエアコン工事の合間で出来しながら進めます。
 

IMG_9892久々のギターネタ。ご存知、Orville by GibsonのGTです。なんども言いますが、Gibsonのスタンダードやクラシックのゴールドはビュリオンゴールドなど薄い色按配ですが、こいつは、カスタムショップのヒストリックと同じアンティークゴールドつまりAG。濃い金色ですね。相も変わらず良い音。良い色。1988年製ですので、30年近くなります。既にヴィンテージクラスのギターです。おそらく最近では見る事が少ないので、大分レアなギターになりつつあります。






IMG_9921最近ギター仲間入りしたのは、ギブソンclassicのなんと・・・1992モデル。って言ってもどういうモデルかは、分かる方が少ないかも・・。まぁ創りも良いし、音も良い。クラッシックなのに、ヘッドはclassicではなく、modelとなってるのです。他の特徴は木材の関係がほぼヒストリック。

classicシリーズの最初期モデルであり、ヒストリックシリーズ登場前夜の商品で、ヒストリック最初期と同等とも、実は言われるギターなんです。中々面白い実話?推理?が記載されてる記事があるので、興味があれば・・・
ここから参考にしてください。面白いですよ~

是非クリック!


IMG_9943この時期のclassicは現在のノーマルやプラスなどの区分けが無い時代でしたが、現在のプレミアムプラスのような木目が良いのには、とりあえずピックアップの中に区分けしてたようですね。

個人的に木目も線のようなメイプルのトラ目はあまり好きではないのですが、ウネリのような物や太いもの、霜降りなような木目は中々無い、たまに現れる中古です。

しかも1992年式。こいつは世界的にも数が少ない個体の1本ですね。

前オーナーがネックの補修をしたらしい跡はありますが、プロのリペアで状態は素晴らしいと思います。












IMG_9946キャビティ内は普通。コンデンサもスタンダードライン。

肝心のサウンドですが、搭載のPUが500T系のPUなため、僕の好みでは無い。いずれ57classicのサウンドが好きなんで、交換するかもしれませんね。

ゴンゴンした音。フロントPUのトーンはさすがギブソン。

オービルのゴールドは57classicですが、木材などの関係で明るい音に仕上がってます。サスティーンも伸びる。ギブソンは伸びない。

弾く側の指次第。

レスポールとMarshallは定番だが、個人的にはPeaveyのclassicとの組み合わせが気持ちいい音。あとは、私のストラトの、Fender Vintage classicですが、これとPeaveyのclassicも最高です。Charな音になります。

IMG_0036昨日の機材を積んだままでしたので、点検がてら倉庫へ。


GLDの不具合のチェック。


あれ?ちゃんと点灯。あれ?


いろいろやりましたが、症状が無い。


やっぱ暑さかな?

IMG_0037今日は某会館へ

機材の納品












IMG_0039入札物なので、市の方の撮影。

ありがとうございました~

↑このページのトップヘ